ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「ナイトミュージアム2」

「ナイトミュージアム2」


前作からしばらく経過したところからスタート。主人公は警備員を辞めて自分の発明品を売る会社を興している。ま、成功者ということを言いたい様だが、その効果を高めるために象徴的に出てくる名前が「ウォルマート」。もちろん日本でも多くの人が名前くらいは聞いたことがあるだろう(2005年には、西友を子会社にしてしまったところと言えばどうだ?)。そう、北米の象徴的な安売りの小売チェーンだ。そこに商品を取り扱ってもらえる、という話が出てきた、ということをもって、一流の会社になったのだということを言いたいらしいが、なんか気に入らなかった。


ま、そんなことを気にする人間は多くないだろうから、そこはさらりと流して、スミソニアンである。


一度は行ってみたい博物館だろう。アメリカの価値観と歴史を軸に、構成されているようだが、古きよきアメリカを見ることができるという意味では、ノスタルジックにもロマンティックにもなれるし、近現代の物質文明の進歩を見ることで、科学技術に対する無邪気な夢と信頼を思い出すことも出来る。やっぱりアメリカだ。


エンタテイメントは、無茶をやるが、この映画もハチャメチャだが、終わりには何もなかったかのように日常が戻ってくるところが能天気で安心して楽しめる。こういう映画の能天気さをまじめに信じる気にはなれそうにもないけれど。ね。
[PR]
by invox | 2009-09-11 23:44 | ■Cinema/Movie