ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

クラウス・シュルツェ 初来日公演 東京初日

「KLAUS SHULTZE Live in Japan 2010」

・2010年3月20日 東京国際フォーラム ホールC

初の日本公演である。すでに還暦を過ぎ、大病も経験しているクラウス・シュルツェ。4つのMIDIを結合したようなQUASIMIDI(クワジミディ)のまえに5台ほどのキーボードとMacブックを据えたセットはドイツでのコンサートと同じだという。ほとんどの機材は運搬があまりにもコストがかかるため日本側で調達したらしい。デジタルになり、記憶装置が発達したからこそできる技。音源のデータを持ち込むことで、同じ機材であれば同じ音色が得られる。

シーケンサーを用いたバッキングトラックに自在な即興演奏を組み合わせるというスタイルは、全く違和感がない。むしろ、全部即興でやるのではないかというくらいの印象があったので、それなりにファンに配慮した過去の自分のアルバムからのシーケンスの引用は安心感があった。そうは言っても、「タイム・ウインド」や「ムーン・ドーン」などは結構聞き込んだほうだと思うが、なんとなく、あぁあの曲かなぁ?程度しか分からなかった。「ミラージュ」からの引用がそれだった。

e0006365_22495073.jpg私の持っていたイメージでは、ドラム・マシーンなどのリズム・トラックは使わない、というものだったのだが、結構使っていて、それがいい刺激となり、メリハリのある音楽となった感じがする。聴いたところでは、そういう部分でホールの片隅で踊っていた女子が若干二名ほどいたとか。やはり、90年代以降を経て、ハウスとか、レイヴといったカテゴリーの音楽への影響が言われているのにもそれなりの根拠があるんだなぁという感じ。タンジェリン・ドリーム、クラフトワーク、ノイやラ・デュッセルドルフなど、システム7を除くと圧倒的にドイツのバンドの名前が即座に思い浮かぶ。一時期はやったメタル・パーカッションも含めて、ハンマービートなどと言われているものなど、ドイツ系のリズムの表現はそういった方面に多大な影響を与えたのかもしれない。

e0006365_22493040.jpgそれにしても、40分2曲、10分強1曲の計3曲でほぼ2時間。堪能いたしました。一緒に行った連れは、70年代のクラウス・シュルツェの知名度や位置づけなどについてまったくの予備知識なし。ポスターに使用されていた「ミラージュ」のジャケット写真を見て、ステージの本人と比較して一言「詐欺だ」^^); ま、40年ほど前の写真と言うことで、ご勘弁ください。
[PR]
by invox | 2010-03-26 22:50 | ■Music