ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

ジャッジ・スミス、デヴィッド・ジャクソン イタリア公演

5月15日、イタリアのモンツァで、デヴィッド・ジャクソンとジャッジ・スミスによる公演が行われるというニュースがジャッジ・スミスのホームページで告知されました。

Judge-Smith homepage Latest News (updated 29 April)

それによれば、内容は、ジャッジ・スミスが言葉を書き、デヴィッド・ジャクソンが音楽を作った「ザ・ハウス・ザット・クライド」という子供たちのための作品で、合唱隊、木管、金管による管楽器のアンサンブル、通常のロックで用いられる楽器とサウンドビームのアンサンブルによって演奏されるそうです。デヴィッドは当然サックスを演奏するが、一方ジャッジ・スミスは発狂した大人を演じるのだそうです。

今回は、この作品のイタリアに於ける3回目の公演となるそうですが、今回初めて、前半部分をバンドと共にやることになるとか。また、この二人の別の作品である「トウィンクル」からもすう曲演奏し、他に3曲ほど加えるのだということです。

「トウィンクル」については、今年3月12日にもドーセット州のプールというところで公演をしたとのことで、それがこの作品の2回目の上演だったそうです。200人近い子供たちの合唱隊とブラス・アンサンブル、ボーンマウス・シンフォニー・オーケストラの弦楽器セクション、エレクトリック楽器のバンド、大勢のサウンドビーム・アンサンブルが演奏し、さらに100人もの子供たちが演技をするという、まさに大規模でみごとなステージだったとのこと。

ジャッジ・スミスはこうも書いています。「ジャクソンの音楽はとても素晴らしい。そして抗いがたいほどに親しみやすい。私はこのショーを作り上げる一部分を演じることが出来るのを誇りに思う。」

この公演についての地方新聞でのレビューのリンクが紹介されていました。
[PR]
by invox | 2010-04-30 23:50 | ■Music