ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

Three Friends メンバー・チェンジ!

12月に来日公演を行うThree Friendsにメンバー・チェンジがあったようだ。昨年の来日公演直後にケリー・ミネアが脱退した後、6人での活動を継続していたが、ここに来て、レントル・ジャイアントとして活動開始して以来のメンバーだったキーボードのジョン・ドナルドソンとギターのアンディ・ウィリアムスの二人が脱退。変わりにキーボード奏者としてゲイリー・サンクチュアリが加入している。結果として現在のラインアップは5人編成という、奇しくも本来のジェントル・ジャイアントと同じメンバー構成となった(もちろん、担当楽器はかなり単純化されている)。

 - マルコム・モルティモア(ドラムス、パーカッション)
 - ゲイリー・グリーン(ギター)
 - ロジャー・ケアリー(ベース、ボーカル)
 - ミック・ウィルソン(ボーカル)
 - ゲイリー・サンクチュアリ(キーボード)

e0006365_013111.jpg今回初参加のゲイリー・サンクチュアリー(Gary Sanctuary)という名前に聞き覚えのある人もいると思うが、過去には、イギリスのジャズ・ファンク・バンドであるインコグニート(Incognito)のツアー・メンバーとして来日したこともあるようだ。また、そのリーダー/ギタリストのJean-Paul 'Bluey' Maunickとは長い付き合いだという。ただ、基本的には、セッション・ミュージシャンであり、その活動は、下記のように非常に多岐に渡っている。




 Nick Heyward  - I Love You Avenue(1988)
 Various Artists  - Red Hot + Blue(1990)
 Aztec Camera  - Stray(1990)
 Aztec Camera  - Dream Sweet Dreams(1993)
 Beverley Craven  - Love Scenes(1993)
 Alan Parsons  - On Air(1996)
 Incognito  - Beneath The Surface(1996)
 Manfred Mann's Earth Band  - Soft Vengeance(1996)
 Jaki Graham  - Don't Keep Me Waiting(1997)
 Jaki Graham  - You And I(1997)
 Gavin Harrison  - Sanity & Gravity(1997)
 Adeva  - New Direction (1997)
 Jaki Graham  - Rhythm Of Life(1997)
 Lisa Stansfield  - The Real Thing(1997)
 Inner Shade  - 4 Corners(1998)
 Incognito  - Nights Over Egypt(1999)
 Jocelyn Brown  - Somebody Else's Guy(1999)
 Momoe Shimano A.K.A MOET  - Roots(2000)
 Maysa Leak  - The Bottle(2000)
 Incognito  - Life Stranger Than Fiction(2001)
 Soul Bossa Trio  - Best Remixes 1993-2000: Time And Tide(2001)
 Incognito  - Life, Stranger Than Fiction(2001)
 Incognito  - Reach Out(2002)
 Osunlade  - The Yoruba Soul Mixes(2004)
 Various Artists  - NovaLatino(2005)
 Girls Aloud  - Out Of Control(2008)
 Alesha Dixon  - The Boy Does Nothing(2008)
 Alesha Dixon  - The Alesha Show(2008)
 Beverley Craven  - Close To Home(2009)
 Girls Aloud  - Untouchable(2009)
 Beverley Craven  - Live In Concert(2010 DVD)

プログレ好きの観点から言うと、アズテック・カメラとかアラン・パーソンズ・プロジェクトが目に付きますが、現キング・クリムゾン/ポーキュパイン・トゥリーのドラマーであるギャヴィン・ハリソン(Gavin Harrison)のソロ・アルバム「サニティ・アンド・グラヴィティ(sanity & Gravity)」にも参加しているということもちょっと付け加えておきます。

ま、これらの活動から分かるのは、どのような類の音楽であっても器用にこなしてしまえるのだろうなというのは想像に難くない。果たしてパーマネントなメンバーとしての参加なのか、それともジョンが抜けた穴を埋めるべく、急遽日本公演のために助っ人として参加しただけなのか気になるところです。
[PR]
by invox | 2010-10-27 00:13 | ■Music