ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

鈴木生子リサイタル・シリーズ 「クラリネット・トリオのための…B&B]

鈴木生子 Clarinet recital series 2
「ピアノ、クラリネット、チェロのための・・・B&B」


・5月20日(金)19時開演
・淀橋教会小原記念チャペル(新大久保) 

 - クラリネット:鈴木生子
 - ピアノ   :浦壁信二
 - チェロ   :松本卓以

<演奏曲目>

 1. ピアノ、クラリネット、チェロのためのトリオ 作品 11(ベートーヴェン)
 2. ピアノ、クラリネット、チェロのためのトリオ 作品 114(ブラームス)
   ~ アンコール ~
 3. ハンガリー舞曲6番(ブラームス)
 4. 歌の調べの如くに 作品 105-1(ブラームス)


e0006365_12585310.jpg予告されていた演目は本編の2曲だけでしたが、アンコールに、やはりブラームスから、なんと2曲のプレゼント。大変良いコンサートでした。

正直に言って、ベートーヴェンもブラームスも、TVや映画でたまに耳にする程度でしか聞いたことがない私としては、もしかしたら退屈なクラシックなのかもしれないという不安もありました。以前NHK-FMでだったでしょうか、ブラームスの「ハンガリー舞曲」のオーケストラ版は聞いたことがありましたが、印象に残っているのはその1曲の、しかも一番派手なフレーズのパートのみ。やれやれ。

ところが、まずはベートーヴェン。これがまた分かりやすいコントラストの強い曲です。三つの楽器の対比もそうですし、メロディラインも華やか。一つ一つの楽器のラインを追うことが出来るほどの明快さ。いやぁ、新鮮な驚きでした。

一方のブラームス。ハーフトーンな感触がいい、という前説にあったとおり、非常にドラマティックでありながら、これといった派手な要素はなく、でもあっという間に曲の雰囲気に引き込まれてしまい、別世界へと意識が遊離していくような感覚でした。したがってベートーヴェンでは追えた各楽器のメロディがいつの間にか追えなくなっているのに何度も気付く始末。曲の力としてはこちらの方が格段に強かったのではないでしょうか。いや凄いぞブラームス。

そして、アンコールは短くまとめた(2曲とも浦壁氏の編曲)ブラームス。「ハンガリー舞曲」は確かにハンガリアンダンスが容易に連想されるリズムとテンポ。もう一曲は優雅に麗しく。今回のコンサートでの最大の収穫は、ブラームスがこんなに面白い作曲家だったというのを知りえたことかも。

鈴木生子さんは今回はバス・クラリネットはなし。クラリネット一本での勝負。チェロやピアノとの掛け合いなども素晴らしく、音的にきちんと拮抗した演奏をテンションを落とすことなく最後まで引っ張って行ってました。浦壁氏のピアノもさりげなく超絶技巧なフレーズを弾きこなし、アレンジも素晴らしく、もっと活動の幅を広げてポピュラー・ミュージックへも進出して欲しいものです。もう一つ、チェロの松本氏。彼の演奏はコンテンポラリーαでも見聞きしたことがあるはずなのですが、今回はとくに印象が強かった。いいミュージシャンです。音楽を創ろうという意欲がビシバシと伝わってきました。この三人でより自由な集団即興なんかをやっても面白そうです。
[PR]
by invox | 2011-05-24 12:59 | ■Music