ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

ティム・バートン x ジョニー・デップ 二題

e0006365_2224720.jpg「チャーリーとチョコレート工場」を見た。自分の子供に見せたい作品にしか出演しない、と言うジョニー・デップがいい味を出していた。もちろん、主役のチャーリーもうまかったのだが、演出はやはりティム・バートンだ。このお話を児童文学と見て楽しむもよし、イギリス的な皮肉屋の書いた物語と見て斜に構えて楽しむもよし。
e0006365_22221231.jpg
ロアルド・ダールはどういう人物だったのだろうか。児童文学や幻想文学ファンの世界での彼の知名度は非常に高い。だが残念ながら私はまだ一度も読んだことがないのだ。これを機会に読んでみるというのも悪くない。皮肉屋を皮肉ったとしか思えない場面も多々あり、原作がどうなっているのか興味が湧いたのだ。ティム・バートンはもう一つの新作映画「コープス・ブライド」も公開になったばかり。こちらも面白そうなので見に行くことにした。

e0006365_222189.jpgこちらは人形アニメ「コープス・ブライド」。ただし主人公の声はまたもやジョニー・デップだ。本当にこの二人は相性がいいのか、仲がいいのか。死体の花嫁もまた「チョコレート」に出演していた人らしい。個人的にはチョコレート工場も面白かったが、こちらの「コープス・ブライド」はもっと面白かった。ベースにされたのが民話だと聞いたが、それがよかったのかもしれない。人形の表情は人間以上だ。
e0006365_22223246.jpg

ジョニー・デップは以前見た「ネバーランド」が実は初見だった。「カリブ海の海賊」も見たいとは思っていたが見ていないし、有名な「シザー・ハンズ」も見そびれたままだ。だけど「ネバーランド」も今回の「チャーリーとチョコレート工場」も面白かったので、他の作品も見てみたいという気になっている。果たしてどうなることやら。
[PR]
by inVox | 2005-10-31 22:22 | ■Cinema/Movie