ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

Thierry Lang, Heiri Kanzig, Andi Pupato Trio 日本公演初日

Thierry Lang, Heiri Kanzig, Andi Pupato Trio 日本公演初日
(横浜エアジン、2014年2月5日)

素晴らしい公演だった。前半、後半に分かれた構成で、極めて美しくも、その芯においてとても力強い音楽を堪能させてもらった。
e0006365_1713098.jpg

もともと、パーカッションのAndy Pupato目当てだったのだが、ピアノのThierry LangもベースのHeiri kazigも、想像をはるかに超えて素晴らしかった。始まる前のステージを見ると、パーカッションは、いわゆる普通の太鼓類は用いず、カホンと金物類を中心に構成されていて、音的には随分と軽いものが多いなぁという印象だったのだが、演奏が始まってみると、軽快な響きながら、目の前に浮かぶのは、緑の大地であり、森であり、川であり、起伏にとんだ山々なのだ。それらが、まるで自分が鳥にでもなったかのように、滑らかに流れていく。時に岩があり、滝があり、断崖や台地が現れる。地球そのものだ。
e0006365_171337.jpg

その上で、ベースが鳴ると、それはまるで人々の動きのようだ。眼下に人々の生活が繰り広げられている。楽しげに、命に満ち溢れている。「人間」を強く感じさせる、存在感の強い人々だ。時に歌い、時に笑い、時に黙々と働いている。
e0006365_1715730.jpg

そして、ピアノ。見ているとそれはまるで、光のようであり、風のようであり、宙に舞う花弁のようでもある。時々鳥たちが現れる。カラフルだが、原色ではない美しい色たち。くるくると表情を変えながら、落ちることなく宙を舞い続けている花弁のようだ。
e0006365_172353.jpg

ジャズのピアノトリオ、というものに対して持っていた私のイメージとは大きくかけ離れた音楽がそこにあった。

美しく、強い。

主催者のブログでもレポートされている。

e0006365_1732988.jpg


公演終了後に、アンディ・プパートと少し話をすることが出来た。彼が日本に来るのは7回目だそうだ。その内、3回はChico & the Gypsiesでの来日、2回はRoninとして、と言っていた。私は残念ながら、Roninでの1回しか見たことがないのだが、その1回があまりにも強烈に印象に残っているので、今回の公演も見に来たのだ。見て正解。これほど確信を持って言えるのは、彼らの音楽がとても素晴らしいものだったからだろう。出来ればもう一回見たいのだが…。
[PR]
by invox | 2014-02-06 17:04 | ■Music