ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

"CLEVEDON PIER" ANDY DAVIS

"CLEVEDON PIER" (26 May 1989) ANDY DAVIS
(US CD: Relativety Records, 88561-1040-2)

  1. Women of Ireland (3.24)e0006365_16192622.jpg
  2. Jabe        (6.49) 
  3. 5 Saxes      (4.29) 
  4. Hunger       (6.39) 
  5. Clevedon Pier   (5.34) 
  6. Basso Symphonie (6.15) 
  7. Over & Over    (5.38)
  8. Changes      (5.38)
  9. Prelude      (2.16)
 10. Clear Dawns   (4.47)

e0006365_16222897.jpgSofa SoundPeter HammillのStuart Gordonとのライブが発売スタートしたのを記念して、いぜんP様から譲り受けたStuart Gordonが参加したAndy Davisのアルバムを引っ張り出してきて聴いてみた。1989年の作品なので、私にしてみればそれほど昔という気はしないがすでに15年以上も前の作品だ。録音はバースにある二つのスタジオで、そのうちひとつはすでにないクレッセント。当然だが、エンジニアリングはさらに古くからの友人であるDavid Lordが主に担当している。プロデュースはAndy Davis, David Lord & Stuart Gordonとなっておりこの3人のつながりの深さを物語っている。クレジットを見ていて今回面白いことに気が付いた。まず「Special Thanks to」としてPaul Ridoutの名前があるのだ。かといってジャケットは別の人の手になるものだし、エンジニアリングで参加しているわけでもなさそうだ。それから、The 3 Caballerosの名前がある。この当時から活動をしていたのかどうかは別として、ここにも友人関係が垣間見えるのが面白い。もうひとつ、1曲だけだがサックスでWill Gregoryが参加しているのも、後のGoldfrappしか知らなかったので思わずへぇ~と思ってしまった。

1曲目の「Women of Ireland」はStuartが「Union Chapell」でも演奏しているが、どうもこの仲間内では定番曲と言うか、Stuart参加の場合の必須曲になっているように思える。Willの吹くサックスの多重録音による「5 Saxes」以外は全部(当然だが)Andyが演奏している。歌っている曲もあればインストもある。イングランド南西部の自然を髣髴とさせる雄大なものからのんびりとしたものやカントリーへの影響を与えたであろうトラディショナルな雰囲気のものまでいかにもイギリスらしい音楽だ。The Shortwave BandやStackridge、The Korgisなどのポップ・ミュージックもよかったが、こういったソロ作品で聴くことのできるよりプライベートな音楽は極上の味わいがある。

演奏面では、Stuar Gordonが1,2,5に、David Lordが5,8,10に、Will Gregoryは2,3に、それぞれ参加している。Andy Davisは歌とギターのほかキーボードを弾いている。最近同姓同名の若いミュージシャンが出てきているので間違われることもあるようだが、こちらはすでに50歳を回っている。古くはジョン・レノンの「イマジン」での演奏やTears for Fearsとの活動、さらにはTracy UlmanやManhattan Transferへの曲の提供など幅広い活動歴を持つ。

なお、同じアメリカ盤でも最近のものには2曲ほどボーナス・トラックが付いているようだ。私は未聴である。
ボーナストラック
 11. Magic
 12. Fred the Piano Man
[PR]
by inVox | 2006-01-29 16:22 | ■Music