ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

THE SOFT MACHINE LEGACY 来日

THE SOFT MACHINE LEGACY Live in Japan 2006
17th(Sat), 18th(Sun), June 2006 at Club Citta Kawasaki

e0006365_15103873.jpgHUGH HOPPER(b)
JOHN MARSHALL(ds)
JOHN ETHERIDGE(g)
THEO TRAVIS(soprano & tenor sax flute)
e0006365_15143978.jpg

2月8日に肝硬変のため亡くなったエルトン・ディーンが体調不良でツアーに参加できなくなってからのテオ・トラヴィス版のソフト・マシン・レガシーが日本にやってくる。数年前にヒュー、エルトン、ジョン、アラン・ホールズワースという顔ぶれで来日して以来のコンサートだ。元々来日公演の予定があったのか、エルトンが亡くなったことで急遽プロモーターが呼ぶようにしたのかは不明だが、今回の来日はエルトン・ディーンの追悼公演となるとのこと。

前回もそうだが、ソフト・マシンの元メンバーが揃っている(テオは別だが)とは言え、オルガン奏者抜きのマシンは明らかにマシンではない。もちろん、音楽そのものは良質なジャズなので、思い入れとかを別にすれば非常に楽しめるものだ。でも、どうしてもエルトンとテオ、あるいはアランとジョン・エサーリッジを比較してしまうのも、思い入れがあればあるほどやってしまいそうだ。e0006365_159886.jpgこのレガシーのエルトン在籍時のライブが昨年発売されている。今回の来日公演の予習としてはこれが一番最適かもしれない。中にはジョン・エサーリッジのソロ・アルバムの曲も取り上げられていたりと単純な懐メロだけのバンドではなさそうだ。

このバンドはソフト・マシンの名前を冠していても、まったくの別のブリティッシュ・ジャズの大御所たちのバンドだと思ってエルトンの冥福を祈りながら見ることにしたい。チケットはもう少し先でないと販売されないが忘れないようにしておこう。

e0006365_1594991.gifなお、グラハム・ベネットによるソフト・マシーンの本「OUT BLOODY RAGEOUS」も出ているようなので、いつの日か翻訳を出して欲しいものだ。
[PR]
by inVox | 2006-02-26 15:10 | ■Music