ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「The Sound of Thunder」ピーター・ハイアムズ

「The Sound of Thunder」ピーター・ハイアムズ

レイ・ブラッドベリの原作は読んだことがないが、ブラッドベリの作品の持っている雰囲気は大好きなので見てしまった。ピーター・ハイアムズ監督の作品で見たことがあるのは「2010」と「タイムコップ」の2本だけ。「エンド・オブ・ザ・デイズ」や「アウトランド」、「レリック」、「カプリコン1」などは見ていない。

e0006365_651484.jpg前半は、あまりにもわざとらしいCGで構成された未来都市の風景にちょっと辟易させられたが、それもまたB級SF映画的なお遊びだと割り切ってしまってからはあまり気にならなくなった。なんかむかしのアメリカ製作のTVドラマを見ているような気分だ。なんというか、アメリカン・コミック的な雰囲気が多分にノスタルジックに全体を覆っている。それは、ブラッドベリの原作の持っているあの独特の雰囲気を映像に持たせようとした結果なのかもしれない。それが成功していたのかどうかは私にはよく分からないが、おそらく、アメリカ人がこの映画を見て感じるものは、日本人がすぐには感じることが出来ない、そういった文化的な違いというものが表れているのではなかろうか。

一時期TVでよく放送されていた「タイムコップ」もそうだったが、時間の壁を乗り越えていくときの映像表現が、空間に波紋のような物を描き、まるで垂直な水面であるかのように人が出てくる、というものになっている。今回は水面が吸い込まれてトンネルとなるような表現だが、基本的な「垂直な水面」的な表現手法は共通している。特に今回は「時間の波」が過去の変化を数度に分けて現在に押し寄せてくるという部分をやはり水の比喩で大津波で表していた。その辺も含めてきっとこの監督は気に入っているのではないだろうか。
[PR]
by inVox | 2006-03-31 06:51 | ■Cinema/Movie