ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「ジェヴォーダンの獣」

「ジェヴォーダンの獣」 LE PACTE DES LOUPS(2001、仏)

監督:クリストフ・ガンズ/(ノベライズ:ソニー・マガジンズ文庫)
出演:ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、サミュエル・ル・ビアン、エミリエ・デュケンヌ、ジェレミー・レニエ、マーク・ダカスコス他

e0006365_12313098.jpgTVの深夜映画で放送されたこの映画、18世紀のルイ15世統治下のフランスでの史実を下敷きにした話らしい。フランスのジェヴォーダン地方では100人以上もの女子供が謎の野獣によって惨殺されるという事件が頻発。国王ルイ15世から調査を命じられた博物学者にしてハンターにして医者グレゴワール・デ・フロンサックが派遣された。アメリカ先住民モホーク族のマニと共に現地にて調査を行うフロンサックの運命や如何に。というのだが、

前半は、古風な歴史もの映画のようでとても好みだった。まぁ最近の映画だしフランス映画だからやっぱハリウッドものとは違っていて演出がけばけばしくなくていいかな、と思っていた。しかし、だんだんと進んでいくに釣れ、おやぁ?という場面が増えてくる。特にアクション・シーン。絶対に時代考証とは合わないぞ、というような派手なアクションが展開されるのだ。アクションがもしもうちょっときちんと演出されていたら前半の雰囲気をそれほど崩さずにいけたのではないだろうか。ローマの介入の仕方もちょっと現代的過ぎないか?

e0006365_12314731.jpg18世紀、啓蒙思想家が活躍し、海外、特にアフリカへとフランスが勢力を伸ばしていた時代。やがて来る革命へと向けてフランス国内が不安定になっていく時代背景をどこまで表現されているのか、よく分からない日本人である私にとっては、もうちょっと古風な演出の方がうれしかったかな。でも、結構楽しめたのも事実なので、エンターテイメント映画としてはいい出来なのではないだろうか。
[PR]
by inVox | 2006-04-16 12:31 | ■Cinema/Movie