ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「奥様は魔女」

「奥様は魔女」(1942年 アメリカ)

e0006365_05112.jpg監督・製作:ルネ・クレール
原作:ソーン・スミス
脚本:ロバート・ピロッシュ、マルク・コヌリィ

フレデリック・マーチ
ヴェロニカ・レイク
ロバート・ベンチリー
スーザン・ヘイワード
セシル・ケラウェイ

AIIの動画コンテンツに『“フィルム・ノワールのファム・ファタール”として伝説に残る女優、ヴェロニカ・レイク主演作』としてこの古い白黒映画が含まれていた。そうTVシリーズの大元となった映画である。もちろん、主人公の「魔女」は「サマンサ」ではない。ダーリンとなるのもサラリーマンではなく州知事候補。主人公とその父親の魔法使いが魔女裁判によって火炙りになるところから映画は始まる。その恨みを呪いという形で裁判所に彼女を引き渡した男ウーリーの一族にかけるのだが、その呪いは「結婚によって不幸になる」というもの。代々のウーリー家の男たちはとんでもない悪妻を持つことになる訳だ。その後、落雷によって偶然閉じ込められた木から出ることが出来るようになった270年後、魔女は最新のウーリー家の男に復讐を始めるのだが…。

e0006365_053320.jpg伝説の女優、歌に歌われているヴェロニカ・レイクの動き、しゃべる姿を初めて見た訳だが、なんとも可愛らしい小柄な人だ。主人公の魔女のキャラクター設定がそうなのだろうが、キュートという言葉がよく似合う。なるほど、と一人で納得して見ていた。
[PR]
by inVox | 2006-04-17 00:05 | ■Cinema/Movie