ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「イーオン・フラックス」

「イーオン・フラックス」

e0006365_13444633.jpgシャーリーズ・セロンの映画はTVでみた古いものが1本だけ、という状態で、彼女の演技力がどうの、ということを気にすることもまったくないまま飛行機の中でやっていたSF映画ということで見てしまった。もちろん、劇場公開の予告編は見たことがあったのだが、予告編は本編を表しているわけではないのでそれなりに期待せずに見始めたのだ。

なぞの病気によって人類が滅亡の危機に瀕した時に、その病気への有効な治療法を発見した一族によって独裁政治が行われている世界。人類はその病気によって極端に人口が減ってしまい、世界はまさしくその都市だけ、という状態。人々はその中で疑問も持たずに生活しているが、ごく一部の疑問を持った人々によってレジスタンス活動が行われている。その抵抗活動の最前線のテロリストである主人公とその攻撃の対象である独裁政治の頂点にいる人物との邂逅、そしてデジャヴ。その世界を維持しているしくみの秘密とともに物語は展開していく。

e0006365_1345163.jpgマトリックス以来の変な特撮アクションが鼻に付くが、物語は至って単純。その分何も考えずに見ることが出来た。ようするに日本のちょっと古いアニメや少年漫画の一般的なパターンを踏襲しているのだ。絵柄だけはきちんと考えられているが世界の描きこみなどは一顧だにされていない。そのくせ、世界観はスケールがでかいのだとアピールする設定。あぁ~あ、子供だましだなぁ、というのが感想。小学生の時に見たらインパクトが強くて結構影響を受けるんだろうなぁ、と思いつつ、でも今更…、とため息をつきたくなった。
[PR]
by invox | 2006-04-29 13:45 | ■Cinema/Movie