ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

Dave Sinclair on Real & true Party, 1st day

Dave Sinclairが久しぶりに東京にやってきた。と言っても、フル・コンサートというわけではなく、Real & true のパーティーへの特別参加。友情出演といった形だ。

パーティーそのものは、ブルースからエレクトロニカまで幅広いレンジの出演者によって構成されており、まさにパーティーといった趣。そこに一人だけ別格のミュージシャンとしての参加である。

e0006365_10554331.jpgこのパーティーの前週には滋賀県の酒遊館で「Moon Over Man」発売30周年記念ライブを行ってきたばかりで、その勢いもあったのかもしれない。ただし、こちらはプライヴェートでの参加ということで、グランド・ピアノの演奏のみ。酒遊館でも一緒に演奏したNeil Saundersさんがシンセで軽くバックをつけるという形でのピアノ主体のステージだった。もちろん、全部ボーカルなしのインスト。

Dave Sinclair live at Pit Inn, Shinjuku, Nov. 25th 2006

 Dave Sinclair: Grand Piano
 Neil Saunders: synth.

 1. Wanderlust
 2. Here To Stay
 3. Back For Tea
 4. Always There

e0006365_10561195.jpg正直言って、歌なしだとどうかな、と心配していたのだが、始まってみてびっくり。これって歌入れたバージョンよりも数段素晴らしいのではないだろうか。思わず鳥肌が立ってしまうくらいすごいのだ。Daveの本気のピアノ演奏ってこんなに凄いなんて知らなかった。演奏者としては、オルガンばかりが注目されているけれど、あるいは、Dave自身は作曲家としての自分をもっと強調したくて先のソロ・アルバム『フル・サークル』も製作したけれども、その作曲者としての成果を最大限に発揮できるのは、Dave自身のピアノ演奏によるものではないだろうか。なんか、凄く得をした気分。

日本でのDaveの活動を支えているある方によれば、新宿での演奏は酒遊館での演奏よりもかなりよかったらしい。酒遊館には行けなかったのでなんとも言えないが、それほど新宿の演奏がよかったということだろう。酒遊館でのライブを見た人のレポートにはピアノ・アルバムを計画中だということが書かれていたが、本当なら実に楽しみな一枚になりそうだ。

e0006365_10582281.jpg
コンサートでもソロ・ピアノとバンドの両方のスタイルでのものを見てみたい。ピアノに感動し、オルガンで酔う。そんなライブをいつか体験したいものだ。(写真は数年前のライブ時のもの)
[PR]
by inVox | 2006-12-06 10:57 | ■Music