ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「つぐない」(2007)

「つぐない」 (2007 イギリス)

e0006365_17105619.jpg
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、シアーシャ・ローナン、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、ブレンダ・ブレッシン、ヴァネッサ・レッドグレイブ

タイプライターの音を使用した音楽が印象的に使われている。そして、もっと印象的なのは、一つの出来事を二つの視点から2度語り直すという手法を用いていることだろう。一つは妹の視点から、もう一つは姉の視点から。一つの「出来事」という「事実」の二つの「真実」。それぞれが妹にとって、姉にとっては「真実」であるが故に、同じ「事実」を元に異なる解釈と対応が生まれ、そこに齟齬が出てくる。その齟齬が決定的な亀裂となることで、「つぐない」が妹にとっては必要となってしまい、姉には...。

文芸作品なのだろう。原作はイアン・マキューアンの「贖罪」。ずっと見ていて面白かったし、考えさせられる点もあった様に思う。でもやっぱりなにか少しだけ物足りない。主人公の姉が奥行きに不足があった気がする。戦時下のイギリスが舞台だが、主人公の家族やその家に居合わせる人々の深みがいまひとつだったような気がした。まぁ実際の生活でもそんなものなのだろうが、登場人物の中に自分がいると思えば、当然それなりの歴史を持っているわけで、それがその人物を見るときに、その人物の深みとして見えるはずだ。それを映画でどう表現するのか、難しいと思う。まぁ、ぶっちゃ桁はなしをすれば、私が躁感じた理由は分かっている。吹替だ。飛行機の機内上映の吹替は、字幕がないので避けられないが、日本での公開前の作品が多いせいもあってか、翻訳が十分に練りこまれていないことが多く、なおかつ、吹替声優が限られているせいか、下手な場合やあまりにも多くの映画で同じ声を聞きすぎていて飽きてしまっているところがある。この作品はそれでもよい方だったと思うが。「マゴリアム...」は吹替がひどかった。

e0006365_17112630.jpg最後に年老いた物語の語り手が登場することで、この映画は、もし登場させなかった場合と大きく異なるものとなっているのだろう。つまり、最後の最後に、言って見れば「種明かし」、二つの視点はすべて、作家である妹の緻密な取材に基づいて再構築されたものであり、完全に異なる視点ではなく、一つの視点から婉曲的に語りなおされた異なる視点であったことが分かる。そしてラストの展開。そういうものだ。2008年4月12日より新宿テアトルタイムズスクエア、日比谷シャンテ シネほか全国にて順次公開だというので、興味があれば。
[PR]
by invox | 2008-03-20 17:11 | ■Cinema/Movie