ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

コルドン・ブルー 第5回演奏会 ヤナーチェクとモーツァルトとフランセ

コルドン・ブルー 第5回演奏会
e0006365_10553432.gif

2008年4月26日(土)、青葉公会堂

曲目:
 1. 木管六重奏「青春」(レオシュ・ヤナーチェク)
 2. 「クラリネット協奏曲」(モーツァルト)
 3. 組曲「バレエ学校」(ジャン・フランセ)
アンコール
 4. バス・クラリネット・ソロ(曲名は未確認)

指揮:野崎知之
演奏:コルドン・ブルー
   鈴木生子 [Bass Cl(1,4), Cl(2)]

e0006365_10551528.jpg東京工業大学の有志による管弦楽団コドン・ブルーの定期演奏会だそうだが、楽団発足は全員学生だったそうで、卒業後としては初の公演となるようだ。無料というのは嬉しいが、もう少し宣伝してお客を集めた方がやる方も盛り上がるだろう。せっかくちゃんとしたホールでやるんだし、というのが開演前の感想。今回は、木管楽器の指導者としての鈴木生子さんのブログで紹介されていた(4/26 ヤナーチェクとモーツァルト)のを見ていってみようという気になった。

ヤナーチェクとかフランセといったあまり耳慣れない作曲家の作品二つにモーツァルトの超の付くメジャー曲を持ってきてバランスを取っているのは聴衆への配慮と言うべきか。モーツァルトの「ポピュラー・ミュージック」としての完成度が際立っていた。

さて、演奏だが、「頑張れ諸君!」というのが正直な感想。1曲目ヤナーチェクではバスクラが支え、フルートとオーボエがリードするも、バスーンとホルンが苦しい。クラリネットは可もなく不可もなくという感じで、フルートとオーボエがしっかりとした演奏をしてくれたので辛うじて崩壊せずにすんだのかな? 曲はとても面白かった。

2曲目のモーツァルトは、弦を中心としたオケをバックにクラリネットが吹きまくるという曲。弦楽器は割りとしっかりしていたが、時折、ヴァイオリンが小さい音では力が入らずふらふらとしているのが気になったし、コントラバスとチェロは全体を通してあまり力がない。もっと腰のある音を出していけるようにがんばって欲しい。大きめの音についてはそれなりに出ていて、盛り上がる部分はしっかりと演奏できているので、課題は小さい音量時の音の芯の強さをどう出せるようになるかだろう。それにしても、まさに「吹きまくる」感じでクラリネットのメロディが縦横無尽に走り回る様はすごかった。バス・クラリネットのイメージが強くて、もっと硬派な演奏がソロでは多いので、この曲での鈴木生子は新鮮だった。指揮者も背にする立ち位置での演奏なので、演奏者自身の曲解釈が表に出て来ざるを得ないはずであり、故に力量が問われる曲だ。個人的な好みから行くと、もっと大胆に演奏してもよかったかもしれない。時折オーケストラに引っ張られて抑え気味なところもあったのが少しだけ残念だった。

3曲目は、ソリストなしの組曲。割とポップな感じのフレーズをモチーフにテンポよく演奏される。ここでは、先ほどの編成にさらに管楽器と打楽器が加わりかなりの人数。それなりに音の厚みも出ているが、金管楽器が弱いのが目立った。弦楽器も2曲目同様の傾向があり、指揮者がかなり大きなアクションでメリハリをつけようとしていたが、残念ながらオケはそれに十分には応えられていなかったのではないだろうか。まだ、自分と楽譜の関係の中でしか演奏できていないような演奏者もいたように思う。それでも、曲は盛り上がり、演奏終了時には「ブラボー!」という声も客席から上がっていた。演奏する側と聴く側の両方で楽しむための音楽としては成功していると言えるだろう。私にはちょっとだけ単調に思えた。

本来なら、この3曲で終わるはずだったようだが、バスクラリネットという珍しい楽器を1曲目で使用したついで?に「せっかくなので」急遽特別アンコールとして、バス・クラリネットのソロが披露された。本人にも突然言われたようで、曲名の紹介がなかったのが残念。現代音楽からの1曲は、さすがと言うほかなく、コルドン・ブルーとの力量の違いが際立った演奏となった。結果として、この演奏が演奏会全体を引き締めた感じになったので、全体の印象はかなりよいものとなった。

今回指揮をした野崎氏とクラリネットの鈴木氏は、このコルドン・ブルーのメンバーに楽器の指導をしているとのことだが、その指導に対して、もう少し頑張って練習して、返してあげて欲しいものだ。せっかく音楽を続けるのなら、上手くなっていく方が面白いし、教える方もそれが楽しみなのだから。もちろん、趣味で下手の横好きでもいいが、大人数でやるものはなかなかその辺の感覚がメンバーによって異なることもあるだろうし、社会人になればますます練習量にも差が出るだろうし、技量の差もどんどん大きくなっていくだろう。いずれ、力量の同じレベルの少人数のグループに分かれていくか、全体の演奏力を高めるしかなくなるときが訪れるだろう。オケはその辺が難しい。ということで、「がんばれ!諸君」
[PR]
by invox | 2008-04-29 11:04 | ■Music