ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

"Alive in the Underworld" David Cross Band

"Alive in the Underworld" David Cross Band (2008)

e0006365_0324798.jpg  1. Out of the Darkness
  2. Nurse Insane
  3. Learning Curve
  4. Are We One?
  5. Exiles
  6. Tonk
  7. I Buy Silence
  8. Starless
  9. Twenty-First Century Schizoid Man
 10. Floodlights (Bonus track studio recording from 2005)

Recorded 2006 March, at the Underworld in North London

 - David Cross; Electric Violin
 - Mick Paul; Bass
 - Paul Clark; Guitar
 - Arch Stanton; Voice
 - Joe Crabtree; Drums
 - Alex Hall; Keyboards

デヴィッド・クロス・バンドは、2005年の東京公演を契機に活動を本格的に始めたようで、このライブ・アルバムは、その来日公演の翌年の英国ツアーからロンドンでの演奏を収録している。また、最後の曲だけは、その2005年時点でのスタジオでの即興演奏からボーカルを重ね、細部を組み立てていった楽曲だとのことで、これだけスタジオ録音になっている。

演奏は、日本公演の印象よりもさらにハードになっていて、特に各メンバーの即興パートは格段の進化を見せてくれる。収録曲は日本公演時にも演奏された楽曲がほとんどなので、日本公演を見た人にとってはとても懐かしく感じられるだろう。見なかった人にとっても、クリムゾン楽曲をどのように演奏しているのかは興味深いに違いない。個人的には「Exiles」や「Tonk」というところがお気に入りの曲なのでとても嬉しかった。

アルバムは、彼のホームページから直接購入することも可能だ。

David Cross/Noisy Records

また、バンドのライブ映像は、マイ・スペースでいくつか見ることができる。

"David Cross - and the David Cross Band"

また、彼らの活動をサポートするファン・ページもできており、これはデヴィッド公認のもので、日本人の方が運営している。こちらには歴代メンバーの紹介もあり、情報源として、また交流の場としても活用して欲しい。

THE DAVID CROSS BAND fan page

今日、8月30日の午後2時から4時までの2時間、デヴィッド・クロスが新宿のディスク・ユニオン・プログレッシヴ・ロック館で、なんと「一日店長」をやっていた。直前に決まったらしく、あまり事前の宣伝がなかったが、このライブと買いそびれていた旧作『Testing to Destruction』にサインをもらってきた。このイベント限定で未発表のスタジオでの即興演奏2曲を収録した特別CDRシングルも配布していた。

"The Worthing Tapes ~ Special EP" David Cross Band

1. Tulip (12.06)
2. Whole Hot (8.35)

1曲目の「Tulip」は、アルバムに収録されたスタジオ曲「Floodlights」の元になった即興演奏だそうだ。なるほどと思わせる演奏である。2曲目は割りと緩やかなテンポでタイトルの示すとおり暑くてうだるスタジオの雰囲気を良く伝えている。

デヴィッド・クロスの最近作である『Closer Than Skin』や最近のライブでは、ドラムスとボーカルの二人が新しいメンバーに交代している。そちらもぜひ生で見た見たいものだ。
[PR]
by invox | 2008-08-31 00:33 | ■Music