ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「時砂の王」小川一水

e0006365_1264619.jpg移動時に読んでいた本が予想外に早く終わってしまい、急遽手近なところにあった本屋に飛び込んで購入した本だ。もちろん、闇雲に選んだのではなく、裏表紙の文章を参考にした。正直、期待していたわけではない。挿絵はいかにもありそうなアニメーション的な絵で、これは購入を躊躇わせた。

読んだ感想は、面白かった。気に入った。タイム・トラベルを絡めてSF的な設定と邪馬台国の卑弥呼という伝説・神話的な設定とを上手くミックスさせ、そこにさらに様々な異なる時間を挿入しながら展開する物語は、基本的にとても硬派なものだが、所謂ジュブナイルなSF・ファンタジー的な部分を補うだけのヘヴィさを持っていた。もちろん、そういう叙事詩的な大きな展開も持っているのだが、それがお子ちゃま向けに陥ることなく最後まで持続していることには感心させられた。

一転だけ気になったのは、女性が描けていないこと。女性だけはどうしてもアニメ的なキャラクター設定になってしまっているように思う。これは少し残念だった。女性が出てくるといきなりお子様向けになってしまう。
e0006365_127103.jpg
復活の地 I II III」小川一水

勢いで「もう少し長い作品を」と手を出したのがこちら。これも面白かったが、やはり女性が描けていない点は同じ。。e0006365_1274791.jpg宇宙規模の政治・外交を描ききれていないところも残念。悪くはない。だが、シリアスな重さという点では物足りなさを感じたのも事実。アーサー・C・クラークのファンのようだが、大人を主人公として描くにはまだまだかも。中学生の頃に読んでいたらはまったかもしれないe0006365_12887.jpg












それにしても、この表紙や挿絵はナントカできないものか。これでは買うときに躊躇してしまう。まぁ、購買層として考えられているのが中高生なのだろうから仕方ないのかもしれないが。ちょっとね。
[PR]
by invox | 2008-09-27 12:15 | ■Books
エンデュミオンと叡智の書」マシュー・スケルトン 著 大久保寛 訳 (新潮社)

e0006365_23274088.jpg著者は1971年生まれだというから若いなぁと思ってしまうが、作品はそんなこととは全く関係なく素晴らしい。むしろ厚みのある世界の構築力には感心する。久々に本格的な児童文学作品を読んだという気がする。なんというか、芯がしっかりしている。


帯によると映画化の話が進行しているようだ。誰が撮るにせよ、うすっぺらなファンタジー映画にはしないで欲しい。主人公の少年たちが感じ、考えている真剣さを表現して欲しいものだ。
[PR]
by invox | 2008-09-22 23:27 | ■Books
何と、ピンク・フロイドのリック・ライトが癌のためなくなったというニュースが飛び込んできた。享年65歳だったとのこと。若いよ、まだ。

"Floyd founder Wright dies at 65" (BBC)

e0006365_23324447.jpgピンク・フロイドと言えば、どうしてもシド・バレットやデイブ・ギルモアのギタリスト/ボーカリストか、ロジャー・ウォーターズの話題が多かった。カンタベリー音楽のファンにとっては、ニック・メイスンがロバート・ワイアットとの活動などで親近感がある。リック・ライトはどうしても存在感が薄かったように思う。




e0006365_23333598.jpgしかし、ピンク・フロイドの音楽を思い起こそうとすると、歌やギターが、キーボードのしっかりとした土台の上に成り立っていたことに気づかされる。派手さはなかったが、ピンク・フロイドのあの独特の雰囲気を支えていたのはリック・ライトではなかったのだろうか。ピンク・フロイドが単純なブルース系のバンドにならなかったのは、あのキーボードがあったからかもしれない。冥福を祈りたい。
[PR]
by invox | 2008-09-16 23:40 | ■Music
英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠 ジョン・エヴァレット・ミレイ展 Bunkamura Museum

e0006365_1843540.jpg


予告を見たときから待っていた展覧会だ。「オフィーリア」の現物をぜひ一度見てみたかった。最初にこの絵を知ったのは、とある雑誌の記事であった。「オフィーリア」という曲があるのは知っていた。シェイクスピアの「ハムレット」の中のオフィーリアもなんとなく知っていたような気がするが定かではない。その後に知ったのかもしれない。まぁそんなこんなでこの絵は随分と近しいものとして記憶されている。その現物をみるチャンスがあるとは思ってもいなかったが。

e0006365_18432433.jpg展覧会は、ミレイのみの個人展覧会。さまざまな作品が一堂に会していた。他の作品を見るのはこれが初めて。なんか、こう、圧倒されてしまった。それは肖像画の多さと、不思議なリアルさ故だった。決して写実主義的な絵ではないと思うのだが、精緻な描写と幻想的なものとが微妙に入り混じっている不思議な現実感。自身の娘たちや義理の妹たちを描いた作品からは、愛情とユーモアが感じられる。それらは決して皮肉とか辛らつさを含むものではなく、純粋な愛情と上品な可笑しさを表している。

e0006365_18433796.jpg最後のコーナーには数点の風景画が展示してあったのだが、コレラもまた素晴らしいものだった。写実的でありながら幻想的。肖像画に負けず劣らず印象的な作品だった。風景画は作品数そのものが少ないようだったが、もし他にもあるのならぜひ見てみたいものだ。

さて、いくつかの作品はとても気に入ったのだが、残念なことにそれらの絵葉書は売られていなかった。絵葉書を作った人は、作品の選択を誤っていると思う。とても残念だ。
[PR]
by invox | 2008-09-14 18:43 | ■Arts
ついに決定! 待ち望んだ3度目の来日公演。Dave Stewart & Barbara Gaskin が再びやってくる!

Dave Stewart & Barbara Gaskin来日公演!!
- 新譜リリース・Real & True Live Series 5 周年記念 -

何年も待ったファンに大きなプレゼント ! 公演と同時に新譜が発売されます!!
新旧マルチ・キーボードと自ら開発した特殊システムを駆使して演奏。
セットリストは毎回異なる予定。

・来日メンバー
 - Dave Stewart(デイヴ・スチュワート):キーボード
 - Barbara Gaskin(バーバラ・ガスキン):ヴォーカル、キーボード
 - Andy Reynolds(アンディー・レイノルズ):ギター
 - Ted Hayton(テッド・ヘイトン):エンジニアリング

・日時: 2009年3月20日(金) 開場 19:30 開演 20:00
     2009年3月21日(土) 開場 18:00 開演 18:30
     2009年3月22日(日) 開場 14:30 開演 15:00
・会場: 東京 青山「月見ル君思フ」
・企画制作 Office Ohsawa

■ファン・イヴェント:3/22 公演終了後開催(懇親・サイン会/CD販売など)

e0006365_23233498.jpgということで、来年3月は久しぶりの彼らのライブを見ることが出来ます。しかも、今回は「新譜発売」予定だということで、これこそアルバム『SPIN』(1991)から待ち続けること18年ぶり!!となります。その間、コンピレーションが発売されたことはありますが、オリジナル・アルバムのレコーディングは「行われている」という情報以外入ってきませんでした。この間行われた公演は1996年のロンドン(QEH)と2001年の東京(TLG:Tribute to the Love Generation)のみ。2001年の公演時には、イギリスのファンからかなり羨ましがられたようです。

近年は、Hatfield and the NorthやEgg, Arzachelのアーカイヴ・アルバムやBrufordのアルバムのリマスター盤などの発売で、Dave Stewartに関する話題も多かったのですが、肝心要の彼らのアルバムについては、やはり情報がありませんでした。それが、いよいよ来年3月には聴くことが出来る訳です。興奮せずにはいられません。まだ半年以上も先だと言うのに...^^);
[PR]
by invox | 2008-09-01 23:23 | ■Music