ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

"First Offenders - NEW MUSIC, Canterbury 1980" (CRIMINAL Records; TAKE 4)

e0006365_11385748.jpgSide-A
1. "FUN" (LONGPORT BUZZ)
2. "LIVING UNDERGROUND" (THE NAMES) 
3. "PIED PIPER" (RED ROLL ON)
4. "I WON'T BE THERE" (THE IGNERENTS)
5. "NO FIRES ON" (PURPLE HIPSTERS
6. "NO EMOTION" (THE FASTBREEDERS)
7. "FLYING SAUCERS ROCK N'ROLL" (THE CREWSY FIXERS)

Side-B
1. "ALL OVER TOWN" (THE RED SQUARES)
2. "HARBOUR STREET" (THE IGNERENTS)
3. "WET BLANKET" (RED ROLL ON)
4. "WHO IS HE?" (LONGPORT BUZZ)
5. "I'LL BE YOUR JET" (THE NAMES)
6. "GROOVING WITH THE FAMOUS MEN" (THE FAROUS MEN)
7. "STUCK ON YOU" (PURPLE HIPSTERS)

"First Offenders" は、1980年に制作発表された、カンタベリーのパンク、ニューウェーブ系のバンドのコンピレーション・アルバムだ。この中で2曲演奏しているレッド・ロール・オンというバンドにバーバラ・ガスキンが正式メンバーとして参加している。このバンドは、女性ばかりで構成されたパンク・バンドで、バーバラの担当はキーボードとバッキング・ボーカル。元気のよい演奏を聞かせてくれる。

RED ROLL-ON (1979-1981)
- Barbara Gaskin (keys/vocals),
- Belinda James (gtr/vocals),
- Jane Wilkes (vocals),
- Angela Duignan (bs/vocals),
- Germaine Dolan (drs/vocals).

驚いたことにプロデューサーとして名前がクレジットされているのは、ルパート・ハインとジェフリー・リチャードソンの二人。いやはや、それなりに業界に対して仕掛けていたわけだ。

録音は、マナー・モバイル・スタジオ(所謂マナーモービルだ)を用いて、カンタベリーのザ・マーロウ劇場(The Marlowe Theatre)でライブ録音されている。このレコーディングはクレジットを見る限り全てのバンドが1980年2月の22日と23日に集められて行われたようだ。

残念なことに、アルバムには詳細の情報は記載されておらず、個々のバンドがどのようなメンバーや楽器編成であったかとか、作詞作曲者が誰かというのは皆目分からない。レッド・ロール・オンもそうだが、基本的に2曲ずつ収められているようだが、1曲だけというバンドもある。基準は分からない。リリース元のクリミナル・レコーズというレーベルもどうやら今はすでにないようだ(同名のまったく違う新しいレーベルは複数あるようだが)ジャケットに印刷されている「NEW Music」という言葉が、1980年という時代を感じさせる。パンクからニューウェーブへと時代の主流が移りつつあった時代だ。

さて、バーバラ・ガスキンが参加している2曲だが、A面の「パイド・パイパー」つまり「ハメルンの笛吹き」というタイトルだが、いきなり複数の女声のコーラスで始まり、力強いシンプルなリズム隊とリズムギターをバックに歌が始まる。残念ながらメイン・ボーカリストはバーバラではないようだ。B面に収められている「ウェット・ブランケット」つまり「湿った毛布」の方は、猫の鳴き声を模したボーカルと曲名のフレーズが繰り返されるシンプルな楽曲だ。元気がよく微笑ましいと言えるだろう。バンドはこの2曲以外の正式なレコーディングを残していない(デモを除くと)そうだ。バーバラ・ガスキンの活動暦の中でもひときわユニークなものとして、これはとても貴重なアルバムだ。
[PR]
by invox | 2009-02-28 11:39 | ■Music
「タイタス・クロウの帰還」ブライアン・ラムレイ著、夏来健次 訳

e0006365_1826232.jpg『「断片的な記録」を編纂した書物』の体裁をとっているのだけれど...。う~ん、文章そのものはそれほどレベルが高くないのは前二作で分かってはいたけれど、長編にするには無理がある構成だと思う。割り切って連作短編集にしておいた方がよかったかも。基本的には面白い作品なんだけど、読み通すのに時間がかかってしまった。アイディアは分かるけど、というのがとても惜しい。映画などの映像作品にこそ向いているのではないだろうか。
[PR]
by invox | 2009-02-08 18:27 | ■Books
最近見た映画は、いずれも出張の飛行機の中で見た作品だ。

e0006365_23172979.jpg「イーグル・アイ」:米国を舞台とした「国民総監視」をテーマとしたものだが、実際にそこまでの能力がすでに実現していると仮定することもあながち笑い飛ばすことはできないという点でリアリティがある。ま、そこまでの自己判断をさせるか、という点では必ず人間の最終判断を仰ぐようにはなっていると思うが...。あるいは自由意志を持ったものがすでに存在しているのか?

e0006365_23174941.jpg「最後の初恋」:リチャード・ギアもダイアン・レインも特別ファンという訳ではないので、大物二人による贅沢な恋愛映画としては役者の存在感に多くを依存している安直な作り方だと思う。まぁそれでも二人の演技は素晴らしく、それなりに満足できた。ストーリーも後半の展開は全体を引き締めていたが、甘いだけじゃないよ、という作り手の意図が見えてしまう割とストレートな展開だ。そういうところも含めて楽しめということか。

e0006365_2318727.jpg「ハッピー・フライト」:まぁこういう映画もいいですね。楽しめました。この人の作品、割と好きです。面白いもの。いろんな仕事があるんだなというのが純粋に好奇心を刺激してくれました。





e0006365_23182147.jpg「ザ・バンク・ジョブ」:これが面白かった。これが実話に基づいているというのがまたすごい。こういう映画が作られるというのもやっぱりイギリスだ。ドラマやアクションを強調したりせず、派手さを抑えた演出というのは大好きだ。役者さんたちも普通に地味で味わい深い。とても気に入りました。
[PR]
by invox | 2009-02-06 23:18 | ■Cinema/Movie
Mimmit (ミミット) - フィンランド・グラミー賞ノミネートというニュースが耳に入ってきた。と思ったらパウリーナ・レルヒェ本人からもメールが来た。昨年の来日公演(斑尾と東京)後、ずっとコンサートなどで多忙だったとのこと。クリスマスまで4週間のツアーだったそうだ。

このEmma賞では、「the best children CD」というカテゴリでのノミネートだと言う。本人曰く、メイン・カテゴリではないけれど、他のノミネートされた人たちはいずれも大手のレーベルが企画したお金のかかったものだということで、自分たちMimmitだけが、本当に小さなレーベルからのノミネートだと、かなりの自信に繋がったようだ。

今月後半には二人目の赤ちゃんが生まれる予定だとの事で、ようやく「産休」に入れたそうだ。だが、そんな状態でも今回のEmmaノミネートで、各種メディアからのインタビューがたくさん入ってきているそうで、あまりちゃんとしたお休みになっていないようだ。だが、そう言いながらも、次のアルバムに向けての楽曲を少しずつ録音し始めているというので、そちらも大変楽しみにしておきたい。いつ発表できるかは、子育てが少し落ち着いてからかな?
e0006365_1183433.jpg

[PR]
by invox | 2009-02-05 01:18 | ■Music