ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

"Green and Blue" (2009, Long awaited New Album)

e0006365_1683287.jpg 1. Jupiter Rising (D. Stewart)
2. Walnut Tree Walk (D. Stewart)
3. Let Me Sleep Tonight (D. Stewart)
4. Good Morning Good Morning (Lennon / McCartney)
5. Green & Blue (D. Stewart)
6. Any Guru (D. Stewart)
7. Bed of Leaves (D. Stewart)
8. Rat Circus (D. Stewart)
9. The Sweetwater Sea Part 1 (D. Stewart)
  The Sweetwater Sea Part 2 (music D. Stewart, words Peter Blegvad)

Produced and Arranged by Dave Stewart

- Barbara Gaskin (ヴォーカル)
- Dave Stewart (キーボード)
- Andy Reynolds (ギター),
- Gavin Harrison (ドラム),
- Peter Blegvad (ナレーション)
- The Amorphous Choir (バック・ヴォーカル)

夢のような素晴らしさを体験させてくれた来日公演から、まもなく1ヶ月になろうとしている。ようやく、ライブの音に引っ張られることなく聴く事が出来るだろうという思惑で、新作をじっくりと聴いてみたので紹介しよう。まずはアルバム『グリーン・アンド・ブルー』から。

今回のアルバムの特徴を、まずはクレジット面から見てみよう。参加メンバーは、前回の来日公演を思わせるコア・ユニットとでも言うべきもので、デイヴ&バーバラの二人に、ドラムスのギャヴィン・ハリソンとギターのアンディ・レイノルズ。特にギャヴィンは全9曲中8曲に参加している。つまり、このアルバムではドラムスはほぼ100%本物のドラムスで録音されているということだ。アンディは7曲に参加。もちろんギターがメインだが、曲によってはパーカッション、リズム・プログラミング、バッキング・ボーカルを担当している。「ジュピター・ライジング」では"Sound Design on Playout"という役割も担当している。やはりこの4人はもはや一つのグループのような関係にあると言えるだろう。その4人によるアルバムは、私の期待を遥かに超えた作品だった。

ライブのオープニングともなった「ジュピター・ライジング」でアルバムは幕を開ける。ライブでは良く聞いていなかった細部もここでは十分に聴き込むことが可能だ。しょっぱなから、ギターの音を模したキーボードのリフが全体を基調付けている。短いイントロですぐに歌に入り、じっくりと歌いこまれた複雑なメロディ・ラインが、これまた複雑なリズム展開の上を流麗に流れていく。基調はあくまでハード。さびのメロディは耳に残るが、いざ歌おうとしてみるととても難しい。シングル・カットして、プロモーション・ビデオも作製してみてもきっと面白いだろうという意見をバーバラにしたところ興味がありそうだった。本当に作ってくれるととても嬉しい。

2曲目はロンドンの路地の名をタイトルにした「ウォールナット・トゥリー。ウォーク」。これがまた素晴らしいメロディだ。珍しくバーバラの歌い上げる「艶」に耳が奪われる。一歩間違うとこぶしを回して歌ってしまいたくなるようなメロディなのだが、バーバラならではのノン・ヴィブラート系の淡々とした声が、かえって聴き手側の感情移入をより深くしているように思える。この曲だけは、ギャヴィンが参加しておらず、聞えてくるドラムスはアンディによるプログラミングされたものだが、これがまた味わい深い。ぜひライブで聴いてみたい曲だ。中間部のデイヴのソロが、ハットフィールズやキャラヴァンを想起させ、カンタベリー音楽を愛する者の胸を深く、深く打つ。デイヴならではの名曲だろう。

次はライブですでに御馴染みになった「レット・ミー・スリープ・トゥナイト」だ。繊細なバックのアレンジが、スタジオ録音ならではの音で細やかに聞き取ることが出来る。その分、メロディと歌詞に集中して聞くことも出来るし、逆に全体の音に身を任せてしまうこともできる。シンプルな曲だが耳に残る。

4曲目には、ビートルズのカバー「グッド・モーニング・グッド・モーニング」。本作中唯一のカバー曲だ。前2曲がゆったりとしたバラッドだっただけに、この曲で一気に目が覚めるような感覚だ。それにしても、本当にキーボードで音を作っているんだろうかと言うくらいギターやベースの音が格好良い。冒頭の鶏に始まり、犬や馬などの動物たちの声や馬車の走る音など、効果音も盛り沢山で和ませてくれる。

そして、タイトル曲「グリーン・アンド・ブルー」。バーバラの目の色が緑で、デイブの目がブルー、というのは前にも書いたが、それを思い浮かべながら聴くとまたさらに味わい深いものがある。歌詞の中に繰り返し出てくる≪恋人たちの目のように≫と言うフレーズが印象的だ。また、どちらかと言えば抑え気味の前半から雄大な空間へと出て行くような錯覚を覚えるような雰囲気を思わせる展開を見せ、最後には、再び静寂へと戻ってくるところまでをずっと耳が追いかけていくのを止めることは出来ない。最後の一音がきちんと消える(演奏を終える)まで、本当に耳が離せないのだ。控えめなアモルファス・クワイアのコーラスも素晴らしい。ついつい≪グリーン・アンド・ブルー≫と口ずさんでしまう。アルバムのラストを飾ってもおかしくないほどの大作。何度でも繰り返し聴きたくなる曲だ。

6曲にはこれも御馴染みとなった「エニィ・グルー」だ。様々な「導師」を名乗る怪しげな人々を揶揄するような歌詞だが、それを「あなたが私の導師になるなら、私もなれる。あなたの導師になるでしょう」と愛情表現と取れる歌詞を入れることでラブ・ソングのようにも聞えさせてしまうところがデイヴらしい。途中で挿入される効果音にはっとさせられることも。これにはライブでは気がつかなかった。

7曲目は死を意識した人物の言葉にも聞えるメロディアスでシリアスなバラッド。是非歌詞カードを見ながら聴いてほしい曲だ。短いながら、一旦その歌詞を理解した上でもう一度聴くと、まったく深みが異なって聞える。そういう意味でも味わい深い小品だと言える。「ウォールナット・トゥリー・ウォーク」と並んで秀逸なバラッド。

そして8曲目。ライブでも大いに盛り上がったハードエッジでパワフルな曲。これもまた最初から歌のメロディがとても難しい。でもカラオケがあれば歌ってみたい曲だ。アモルファス・クワイアのコーラスも力強く、思わず握りこぶしを突き上げたくなる。バーバラはこの曲がかなりお気に入りだとのこと。

最後は、「グリーン・アンド・ブルー」と並ぶ大作で、二つのパートに分かれている。パート1ではバーバラの歌が、パート2ではピーター・ブレグヴァドのナレーションと言うか朗読がフィーチャーされている。大作でありながらも、リズムが特徴的な跳ねるリズムであるためか、クラシカルさやシンフォニック臭さはなく、むしろ複雑でありながらも軽快に展開していく様が不思議な感覚を与えてくれる。その上、ドラマティックな決めやフレーズが出てくるので、非常に楽しめる楽曲だ。何度も聴いていくことが出来るのは、何度聴いてもその度に発見があるからだろう。

このアルバムを通して共通して感じられるのは、「元気」ということだ。もちろんバラッドでのしっとりとした感触や、「Bed of Leaves」のような厳粛な気持ちになる曲もあるのだが、それでも通奏低音のようにずっと響いているのは「元気」なのだ。これまでのアルバムよりも確実に違う何かを得られるアルバムであり、それが、音楽的なものはもちろんとして、人間としても一歩大きなステップを踏み出したものであることは間違いない。人間デイヴ・スチュワートとバーバラ・ガスキンの現在形のあり様がこのアルバムには詰まっている。そして、さらに前へ、遠くへと進もうという意思が強く感じられるアルバムだと私は感じる。それにしても、これほどまでに「強い」音楽を聴けるとは思っていなかった。この力強さはいったいどこから来るのだろうか。いわゆる音楽ビジネスとは縁遠い生活をしているからこそ、純粋に自分たちの音楽を創り上げることができたのかもしれない。そんな気がしてならない。
[PR]
by invox | 2009-04-18 16:09 | ■Music
イタリアでの大地震のニュースを見て心配になったので久しぶりにリチャードにメールを出した。

2007年にイタリアに引っ越したはずだ。彼のホームページもその告知の段階でアップデートがストップしている。そのメールに返事が届いた。

それによれば、リチャード・シンクレアが住んでいるのはイタリアの東側で、しかもかなり南の方だとのことで、今回の地震では直接的な被害はこうむっていないとのこと。しかし、明日4月10日は、地震で亡くなった方々のために国を挙げて喪に服すことになっていて、その影響で、予定されていたLecceでのコンサートが延期されたとのこと。

今、リチャードは新しいバンドで活動を始めようとしており、イタリア国内とスペインでのライブを予定していると言うことなので、そのうちニュースが入ってくるだろう。また、彼の今住んでいる田舎の小さな石造りの家に、最近になってようやく電話回線でのインターネットが開通したばかりで、溜まりに溜まったEメールを処理するだけでも大変だとか。たくさんもらったメールのいくつかに対する返事はホームページに掲載するかもしれないそうだ。

今日は、綺麗に晴れて、新しい庭のたくさんの果樹の中にある桜の木に最初の花が咲いたそうだ。(下の写真はリチャードが送ってきてくれたものだ)

e0006365_23351590.jpg

[PR]
by invox | 2009-04-09 23:35 | ■Music
ちょっと時間が経ってしまったが、私自身にとっては、まだ、頭の中で彼らの音楽が鳴り響いているので、もう少し書いておきたいと思う。

<< Dave Stewart and Barbara Gaskin Live in Japan 2009 20th Mar. >>

e0006365_14342717.jpg01. Jupitar Rising
02. Rich for a Day
03. Henry and James
04. Let Me Sleep Tonight
05. Walking the Dog
06. Any Guru

- 休憩 -

07. In a Silent Way
08. Shakin' All Over
09. This Wind Blows Everywhere
10. Arms of Miklosko
11. Rat Circus

- アンコール -

12. Lobster in Cleavage Probe
 ~ Whole Lotta Shakin' Going On in My Heart (Since I Met You)
 ~ Waiting in the Wings(メドレー)

- アンコール2 -

13. Walking The Dog(再び)



初日だということで、ちょっと緊張気味に3人が出てきた。客席は大きな拍手。その拍手もやんでしんと静まり返った中での1曲目は新曲だった。ニュー・アルバムの1曲目でもあるこの曲「ジュピター・ライジング」は華やかでメロディアスでユニークで、ポップでハードで、まさにオープニングに相応しい曲だ。耳に残るリフレインも素晴らしい。のっけからいい感じだ。この1曲だけでも彼らのライブが素晴らしいことを実感できる。「私の暗い部屋で」という出だしから、「木星が昇る」のリフレインまで。難しいメロディ・ラインと転調をこなすのは、楽器よりも生身のボーカルが一番難しいはずだ。

続いて、懐かしいB面曲「リッチ・フォー・ア・デイ」。ハードでありながらもオリエンタルな雰囲気を持ち、私も大好きな曲だ。デイヴの刻む(キーボードによる)リズム・ギターのハードエッジなリフにアンディの本物のギターが絡んでいく。この辺はデイヴの手元が良く見える場所だったことに感謝したい。手元が見えないとどちらがどの音を出しているのかが良く分からなくなることもしょっちゅうなのだ。それにデイヴのソロはまるっきりギターに聞えることも多いのだから尚更だ。後半にバーバラがパーカッションを入れるところがあるが、とてもかわいい。途中の「ハッ!」と叫ぶところのバーバラの何と格好良いことか。

続く3曲目もB面曲だが、大胆にアレンジが変えてあるあたりが彼ららしい。打ち込みを使用しながらも決して同じものをずっと使ったりはしない。さらに、この曲では途中バーバラによるキーボードのソロが入る。これがまた味わい深いものだった。完全に即興のようで、考えながら弾いている様子が良く分かる。ちょっと声がつらそうな部分もある(「ヘンリー・アンド・ジェームズ」の「ジェームズ」の部分など)が、ちゃんと最後まで歌ってくれた。

そして4曲目はまたも新作から「レット・ミー・スリープ・トゥナイト」。とても優しいバラッドだ。前回の来日公演時にも演奏されたが、それとは当然アレンジが異なっている。この曲が実は、以前ロンドンに住んでいたときに、フランクという深夜までずっとでかい音でTVを見ているとてもうるさい隣人に対しての「頼むから寝かせてくれ~!」という歌なんだとデイヴが解説。まさかそんな歌だとは思ってもいなかったのでとても驚いた。どう聴いてもラブ・ソングにしか聞こえない切ないメロディなのだ。

次はカバーで「ウォーキング・ザ・ドッグ」。今回、彼らが持ち込んだ販売品の中にこの曲のCDシングルがあったが、そのアレンジをベースにしているのかな? このCDシングルは3曲入りで随分と昔にドイツのLINEレコードがイギリス進出を目論んで発売したもの。そのうち2曲はディスク・ユニオンで新作「グリーン・アンド・ブルー」の購入特典として付けられているCDRにも収録されている(ジャケットはもちろんないし、ディスクも市販の白いCDRそのものだ)ので持っていなければぜひ探してみて欲しい。アルバムとは若干異なるミックスなのだ。話がそれた。ワンワンと犬の吠える声が沢山!

前半最後は、2001年にも演奏された曲でもちろん新作に収録されている「エニィ・グルー」。アレンジはもちろん異なっている。以前のライブよりも華やかなものになっているのではないだろうか。それにしてもおかしな歌詞だ。これもまた耳に残り忘れられない。そして休憩。デイヴが、休憩次は20年後だとジョークを飛ばす。すぐに実際は15分後だ、とにやりと訂正。
e0006365_1435518.jpg
後半の幕開けはアンディがデイヴと共にキーボードを弾くという趣向の「イン・ア・サイレント・ウェイ」で始まった。ウェザーリポートのキーボード奏者ジョー・ザヴィヌルの曲のカバーのようだ。バーバラのスキャットが素晴らしい。

この静かな曲のあとはロックンロール「シェイキン・オール・オーバー」だ。1996年のロンドン公演や、前回の来日公演でも演奏されたし、TLG記念CDの1曲目でもあったので覚えている人もかなりいたのではないか。でも、イントロからアレンジが大きく変えられている。このアレンジは、今回の新作「アワー・ムーン」に収録されているものと同じようだ。2001年のライブ後に(録音を)「やり直し」と言っていたバーバラとギャヴィンの声が思い出された。よりハードなアレンジになっている。

そして、同じく「アワー・ムーン」収録のバラッド「ディス・ウインド・ブロウズ・エヴリウェア」が続いて演奏された。この曲がまた素晴らしい。どうして本体に入れなかったのだろうかと思えるほど素晴らしい曲だ。心に染み入るとはこういう曲のことを指すのだろう。これもまた耳に残る歌だ。

続いてはサッカーの名ゴールキーパーであるミクロスコ(Ludek Miklosko、元チェコ代表)に捧げた歌だと紹介があった。デイヴ自信はチェルシーの大ファンだそうだがミクロスコはウエストハム(WestHam)の選手なのだそうだ(現在は引退し、コーチとして同チームでゴールキーパーを指導)。サッカー会場の大歓声のうねりを思わせるような大きなリズムが心地よい。これもまたアルバムには収録されていない。まったくの新曲だ。いや、本当に驚かされる。もう次のアルバム用の曲もかなり出来ているのではないだろうか。そう思ってしまった。

そしてTLGでも演奏した「ラット・サーカス」。ミュージシャンからの搾取がいまだにまかり通っている音楽業界のクレイジーなあり様を皮肉った曲だ。ノリがよくこぶしを突き上げて一緒に叫んでしまいたくなる曲。最後のバーバラによるミニ・シンバルのアタックの強い演奏がとても強烈だった。これで本編は最後。客席に手を振り、三人は舞台袖に消えていった。

3人の後姿が見えなくなる前からアンコールを求める拍手が始まり、程なく3人が戻ってきた。そして感謝の言葉を述べて、デイヴが一人で演奏を始めた。ハットフィールドの「ロブスター」だ。ピップ・パイルに捧げるという前置きがあった。途中からバッキングトラックが重ねられ、ハードな展開になり、ひと段落着いたところでリズムを刻むリフが始まり、次の曲に変わる。そしてバーバラとアンディが加わり、さぁロックンロールの始まりだ。これも1991年の初来日から毎回必ず演奏している曲「ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン・イン・マイ・ハート(シンス・アイ・メット・ユー)」なのだが、そのたびにその前に演奏される曲が異なっているようだ。前回2001年は「エンド・オブ・ザ・デイ」だった。今回のアレンジは以前よりもハードかもしれない。アンディがさびの部分のコーラスをノリノリで歌っているのがかわいらしい。そして曲の最後の部分では、これもまた同じ展開で「ウェイティング・イン・ザ・ウイングス」を引用して締めくくった。これだけで雰囲気がデイヴ・アンド・バーバラになってしまうのだからたいしたものだ。
演奏も圧倒的だ。客席は大興奮したままだが、3人は再びお辞儀をしてステージを去った。

そして再びアンコールの拍手が沸き起こる。三度姿を現した3人だが、デイヴが「君たちが拍手をし続けるなら私たちも演奏し続けるよ」と笑顔で言った。しかし、バッキング・トラックに予備はなく、再び「ウォーキング・ザ・ドッグ」を演奏。この曲本当に好きなんだなぁ。最後のアンディとデイヴの掛け合いが面白い。しかし、これもまた終了。とうとう本当に終わってしまった。

終了後、途中のMCでの予告どおり、しばらくすると3人が出てきて気さくにファンと話を始めた。サインをもらったり写真を撮るファンも。ファン・イベントが日曜に予定されていたので何も準備していなかったファンで慌ててCDを購入した方も何人かいたようだ。まぁなんと和やかなこと。エンジニアのテッドもニコニコ顔だ。CDの売り場に行って何枚売れたかを確認していた。

これが、コンサート第1日目の出来事。

●二日目

この日の演奏は、曲順が入れ替わったものの演奏された楽曲自体は同じだった。ポイントとなるオープニングや後半の1曲目は同じ。構成を良く考えて順番が決められているようだ。昨日はアンコールでの演奏だったメドレーを本編に組み込んできたのにはちょっと驚いた。前半、「ヘンリー・アンド・ジェームズ」でバーバラが歌いだしや間奏へと切り替わるところを少し間違えたりということがあり、時差ボケの影響があるのかと思っていたら、「リッチ・フォー・ア・デイ」の最後の方では声が掠れるという場面もあったりで心配したが、その後見事に立ち直り、最後まで素晴らしい歌声を聞かせてくれたのでホッと一安心。

<< Dave Stewart and Barbara Gaskin Live in Japan 2009 21st Mar. >>

01. Jupitar Rising
02. Henry & James
03. Rich For A Day
04. Let Me Sleep Tonight
05. Walking The Dog
06. Any Guru

- 休憩 -

07. In A Silent Way (Joe Zawinul)
08. This Wind Blows Everywhere
09. Arms Of Miklosko
10. Lobster In Cleavage Probe
 ~ Whole Lotta Shakin' Going On in My Heart (Since I Met You)
 ~ Waiting in the Wings(メドレー)
11. Rat Circus

- アンコール -

12. Shakin' All Over

- アンコール2 -

13. Walking The Dog



e0006365_14355229.jpgこの日は、客席に、なんとデイヴ・シンクレアが来ていた。忙しい中、わざわざ駆けつけてくれたらしい。ちょっと話をすることが出来たのだが、彼自身のアルバムもほぼ完成に近づいているらしい。バンド・スタイルなのだそうだ。ロバート・ワイアット他の豪華なゲスト陣が噂されているだけに早く聴きたいものだ。しかし、デイヴ・スチュワートは、ソフト・マシーンのマイク・ラトリッジやキャラバンのデイヴ・シンクレアのコピーから始めたと言っていただけに、この二人のツー・ショットはちょっと珍しくも嬉しいサプライズだった。

これが、コンサート第2日目の出来事。

●そして、最終日。

この日は昼頃から生憎の雨。公演はファン・イベントを考慮したマチネーだ。いよいよラスト。気合が入る。

<< Dave Stewart and Barbara Gaskin Live in Japan 2009 22nd Mar. >>

01. Jupitar Rising
02. Shakin' All Over
03. Henry & James
04. Rich For A Day
05. Let Me Sleep Tonight
06. Arms Of Miklosko

- 休憩 -

07. In A Silent Way (Joe Zawinul)
08. This Wind Blows Everywhere
09. Walking The Dog
10. Lobster In Cleavage Probe
 ~ Whole Lotta Shakin' Going On in My Heart (Since I Met You)
 ~ Waiting in the Wings(メドレー)
11. Rat Circus

- アンコール -

12. Any Guru

- アンコール2 -

13. It's My Party (by Mobile Ringtone!)
14. Arms Of Miklosko



e0006365_14361992.jpg「ジュピター・ライジング」も3度目ともなれば、ある程度さびのコーラスは歌える様になったぞ。それにしてもメインのメロディ・ラインの難しいこと。バーバラは本当によく歌えるなぁ、と感心しきり。それにしても今日の演奏は一番気合が入っているように感じられる。デイヴのソロ・パートなんて鳥肌ものだ。これでもかと弾き倒してくる。アンディも最高に弾けた演奏と歌を見せてくれた。バーバラも今日が一番声が出ていたかもしれない。いつものようにちょっと内股気味で両手を下げて歌うスタイルはキュートとしか言いようがない。歌っていないときにバーバラから見て右側のアンディ、左側のデイヴを交互に、リズムに合わせて首を振る仕草もかわいい。なかなか笑顔を見せないのだが、その分笑顔が出た時には客席も笑顔が満開。しゃべるのはデイヴの役割だが、これがまた低い声で決して良い声とは言えないのだが味わい深い。この人たちには派手なアクションなど必要ないと思わせる本質的なスター性がある。スター性というと語弊があるかもしれないが、要するに見るものの耳目を自然と集めてしまうのだ。音だけでも、ステージでも。

客席にはピーター・バラカンさん、難波弘之さん、小川文明さん、それに元キーボード・マガジンの編集長で1991年の来日公演の主宰者でもあった松中さんの顔が見える。ステージに負けず豪華な顔ぶれだ。難波さんが時々デイヴの手元を見るために席を立ってうろうろしていたのが印象的だった。

e0006365_14364124.jpgライブ終了後にはファンイベントが行われた。ほとんどのファンが残っていたのではないだろうか。会場のセッティングの関係で一旦外に出たが生憎雨が本降り。20分程度で中には入れた時にはかなり濡れていた人もいた。ステージで使ったスモークが少し残っていたが、少し明るくされた客席に特設のテーブル。そこに右からデイヴ、バーバラ、アンディの順に座って質疑応答やサイン。サイン・セッションと質疑応答セッションは一応分けられていて3人が食べ物や飲み物を口にする時間を確保していたようだ。質問はいくつも出たが、面白かったのは誰と共演したいかというもの。答えはアラン・ホールズワースだった。どうやらアランはブルフォードには10分ぐらいしか在籍していなかったらしい。^^); ジャズについてもジョーク交じりでの答え。決まりごとが多すぎて誰も完全にはそれを守れていないのがジャズ・ミュージシャンだとかなんとか。まぁどこまで本気なのかつかみどころがない人だ。最後はサインと写真を自由にという形で流れ解散。

これが、コンサート最終日の出来事。

●後日談

翌23日、朝7時前に成田空港で航空機事故が起きた。そのため、デイヴとバーバラの一行はその日の便に乗ることが出来なかった。そして翌24日の昼頃に新宿のディスク・ユニオンに現れたという。自分たちの新作がどのように売られているかを見たかったのだそうだ。特典のCDRも見せてもらっていた。そしてCDよりもLPのコーナーを色々と見ていたらしい。結局、日本に1週間いたことになる。本当にお疲れ様でした。録音していない曲が今回のライブだけでも3曲ありました。前回の来日の時にはもう1曲("End of the Day")。ぜひ新作を今度はもっと早く出して欲しいと願わずに入られません。そしてその新作と共にもう一度来日公演を! 出来れば彼らが還暦を迎える前に!
[PR]
by invox | 2009-04-05 14:37 | ■Music