ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

フィンランド・フェスティヴァルの一環として、「ワールド・ミュージック・ショーケース」と題されたコンサートが行われた。

World Music Showcase - Finland Festival 2010
5月28日(金)、渋谷 JZ Brat

出演したのは、3組。出演順に書くと

・フリッグ     
・レピスト&レティ
・スヴェング


ということになる。各バンド、およそ40分程度の持ち時間をフルに使っての演奏を楽しませてくれた。事前に音を聴いたことがあったのはFRIGGだけだったので、他の2組については多少不安もあったが、いずれも実力者、大御所、という扱いなので、まぁ利いて悪いことはないだろうと気楽に構えていた。

今回の来日公演のフリッグは、6人編成。いつもはもっと多いそうだ。告知でも、通常はフィドルが4人のところ3人となる旨のお知らせは出ていたが、実際には11名がメンバーに名を連ねていて、その時々の都合で集まれる人間が集まってライブを行っているとのことだ。ただし、コアとなるメンバーはどうやら今回の来日メンバー+もう一人か二人のようだ。リーダー格と思しきベースのアンティ・ヤルヴェラとマンドリンやバラライカもどきのような楽器を演奏しているペットリ・プラウダの二人のようだ。この二人が作曲とアレンジのほとんどを担当しているらしい。

FRIGG;コアメンバー
 Antti Jarvela - double bass
 Einar Olav Larsen - fiddle (今回は来日していない)
 Esko Jarvela - viola, fiddle
 Petri Prauda - cittern, mandolin, bagpipes, jew..s harp
 Gjermund Larsen - fiddle
 Alina Jarvela - fiddle
 Tuomas Logren - guitar, dobro

ギターのトゥオマス・ログレンは、パウリーナ・レルヒェの2007年の来日公演(春と秋の2回)の際にもやってきており、私はその時に知り合いになった。彼の硬質で切れの良いアコースティック・ギターはフリッグでも存分に発揮されていて、YouTubeなどで見ていたよりも、音量的にも重要なパートを占めていると感じられた。また、スタジオ録音よりも実際のライブの方が、フィドルの掛け合いや、息の合ったやり取りが見られる分、格段に素晴らしかった。これはぜひ単独でも来日公演をやってほしいバンドだ。

2番目のレピスト&レティは、元ヴァルティナのメンバーだということで、アコーディオンとダブル・ベースのデュオがどんな音楽を聴かせてくれるのか、期待半分、不安半分で聴いたのだが、静かな中にもダイナミクスが感じられ、予想よりもかなり良かった。曲によっては、ここでドラムスが入ったらもう少し自分の好みになるんだがなぁ、と思うものもあったが、ヴァルティナ的なワクワク感もあり、ジャズ的な静謐さもあり、あるいはクラシックのような端整さもありと、奥の深い二人の音楽であった。

最後を飾るのは、ハーモニカ4人組のスヴェング。一体どんな音楽になるのか、正直不安の方が大きかったのだが、なんとなんと。大変面白い音楽だ。特に印象的だったのがバス・ハーモニカとでもいうのだろうか、ベース・ラインを演奏する人の音が、まるでダブル・ベースのように力強く、かつ、パーカッシブだったことだ。二人のリード奏者にハーモニー担当とベース担当という役割分担がとても上手く噛合っていて、ハーモニカだけとは思えない奥深く、広い世界を提示してくれた。曲もまた素晴らしく、飽きさせることがない。たいしたものだ。

このライブの翌日、渋谷のタワー・レコードではフリッグのインストア・ライブが行われた。もう一度彼らの演奏を聴きたかったのと、トゥオマスと話をしたかったので、行ってきたのだが、PAを用いずに生音だけの演奏で、期待以上だった。演奏したのは前日のライブと同じ曲ばかりだったが、さすがライブ。様々に異なる演奏を聞かせてくれた。前日はちょっと離れた席だったのでよく見えなかった彼らの手元や表情も3,4mという至近距離からじっくりと見ることが出来た。すばらしい。

このインストア・ライブにも、前日も来ていたHoedownの社長フィリップさんが来ていて、じっくりと聴きこんでいた。フリッグは、Hoedownのアーティストではないのだが、とても気に入っているとのこと。特に最近作である「エコノミー・クラス」に収録されているボーカル曲(たぶん「Viinalaulu」だと思う)が、ものすごく好きなのだそうだ。

もう一人、このインストア・ライブには有名人が来ていた。ピーター・バラカン氏である。フィリップさんと長いこと話をしていたようだが、内容は分からない。バラカン氏の番組や記事でフリッグをプッシュしてくれるといいなと思いつつ、二人の様子を遠くから見ていた。

トゥオマスにパウリーナの新作レコーディングの様子を聞いたところ、後半年くらいで仕上がるのではないかとのこと。ほとんど楽器の録音は終わっていて、今はボーカルの録音をしているらしい。新作が出来たら、ぜひパウリーナのバンドでの来日を期待したい。とりあえずトゥオマスは帰国したら特に急ぎの仕事はないと言っていたが、すぐに6月。フェスティヴァルの季節なのできっと色々とあるだろう。

インストア・ライブ後にバンドのメンバーからCDにサインを頂いた。1stと2ndには、2007年の時点でトゥオマスのサインはもらっていたので、トゥオマスには「エコノミー・クラス」にだけサインをしてもらった。また是非日本に来て欲しいと伝えてバンドのメンバーにお別れした。
[PR]
by invox | 2010-05-30 00:28 | ■Music
さて、TV放送されたもので見た映画を3つほど紹介して連休中の映画三昧報告の締めくくりとしたい。まぁ我ながらたくさん見たもんだ。

------------------------------------------------------------
「レリック」(1997 アメリカ)

e0006365_1219866.jpg監督:ピーター・ハイアムズ
原作:ダグラス・プレストン/リンカーン・チャイルド
出演:ペネロープ・アン・ミラー、トム・サイズモア、リンダ・ハント、ジェームズ・ホイットモア 、クレイトン・ローナー、チム・オイ・ロー、ルイス・ヴァン・ベルゲン、オードラ・リンドリー

ブラジルの古代民族の神獣(?)の現代における復活を描いたSFホラー。必ずしもシリアス一辺倒ではないが、コメディではない。人類学者や考古学者の描かれ方は類型的かも知れないが、それなりに人物にはキャラクターが与えられている。監督はそれなりに有名な人だが、ちと中途半端な印象は受けた。


------------------------------------------------------------
「サイレント・ワールド(P.I.: POST IMPACT)」(2004 アメリカ)

監督: クリストフ・シュラーエ
製作総指揮: ジェフリー・ビーチ
音楽: ガイ・ファーレイ
出演: ディーン・ケイン、ベティナ・ジマーマン、ナイジェル・ベネット、ジョアンナ・テイラー、ジョン・キーオ、ハンス・ズィシュラー

e0006365_12193238.jpg
彗星の衝突により北半球の多くが氷河期状態になってしまった地球が舞台のSF映画。水星が地球にぶつかるちょっと前の場面から物語は始まる。所謂ディザスター・ムービーと呼ばれる類のものだが、災害そのものよりも、その状況下での人間同士の争いの方に主眼が置かれているように思える。だから、最後の最後に災害から復活する場面はあっけなさ過ぎるほどだ。日本では劇場未公開だと後で知ったが、まぁそれだけのことはあるかも。CGもなんとなくしょぼい。調べてみて分かったが、元々TVドラマのようだ。どうりで金がかけられていない印象を受けたわけか...。

------------------------------------------------------------
「リーピング(The Reaping)」(2006 アメリカ)

監督:スティーブン・ホプキンス
出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、アイドリス・エルバ、アナソフィア・ロブ、スティーブン・レイ
e0006365_12195596.jpg

「奇跡」の「科学的説明」を柱とする研究者で大学の先生が主人公。元は信仰篤いキリスト者であったが、アフリカの部族民に娘を「生贄」とされたことで神を信じられなくなった、という設定。その彼女が聖書にある「十の災い」が起こるという辺鄙な場所にある寂れた街に災いの原因究明のために呼ばれていくのだが、まぁ聖書ネタの映画は数多くあるので、テーマ自体は珍しくない。超常現象の描き方は昨今の派手なCGに慣れた目にはむしろオーソドックスに見える。それでも、キャラクター設定には説得力が感じられるため、簡単にB級として切って捨てるには少しだけ勿体ないかも。悪い映画ではなかった。天使役の少女を演じるアナソフィア・ロブは、後に「テラビシアにかける橋」に準主役で登場するが、この映画でもひときわ目を引く存在だったと言っておきたい。
e0006365_12201286.jpg

[PR]
by invox | 2010-05-16 12:20 | ■Cinema/Movie
「インビジブル2(HOLLOW MAN 2)」 (2006 アメリカ)

監督:クラウディオ・ファエ
出演:クリスチャン・スレーター、ローラ・レーガン、ピーター・ファシネリ、デヴィッド・マキルレース

e0006365_1356428.jpg所謂透明人間もの。第一作目もTVで見ていたので、こちらもTV放送されたので録画して見た。

前作の登場人物とはまったく違う主人公たちの「戦い」がメイン・テーマのようだ。軍の実験としての被験者が透明人間として人々を襲う。ま、アメリカらしいテーマだ。これはこれでいいのではないだろうか。前作ほど恐怖映画的な面はないが、前作の監督がポール・ヴァーホーヴェンだったことを思えば納得がいく。この作品では製作総指揮に回っている。彼好みのアクションたっぷりの映画だ。
[PR]
by invox | 2010-05-15 13:56 | ■Cinema/Movie
気まぐれな狂気(TRUTH OR CONSEQUENCES, N.M.)」(1997 アメリカ)


監督:キーファー・サザーランド
出演:ヴィンセント・ギャロ、ミケルティ・ウィリアムソン、キーファー・サザーランド

e0006365_23584756.jpgこれもギャロの名前に惹かれてTV放送されたのを見たものだ。したがって予備知識一切なし。刑務所を出た男たちの大きな儲けを目論んだ麻薬強奪と、ハプニング的に連鎖していく負の事件の顛末を男たちの最期まで追いかけたストーリーは、アクションと暴力と犯罪と個々人の人間性の葛藤の中に浮かび上がってくる砂漠の風景が印象的だった。

こういった犯罪映画は、あまり好きではないので途中でやめようかとも思ったが、何となく引き込まれていって最後まで見てしまった。監督のキーファ・サザーランドがチンピラ的な悪役として出ているが、そのキャラクターと監督としての冷徹な視線のギャップが面白かったのだろう。また、麻薬捜査官役のミケルティ・ウィリアムソンの設定も極端なステレオ・タイプになることなくて好感が持てた。
[PR]
by invox | 2010-05-14 23:55 | ■Cinema/Movie
アーサーと魔王マルタザールの逆襲」(2009年 フランス)

監督・脚本 : リュック・ベッソン
音楽 : エリック・セラ
出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー、ロナルド・クロフォード、ロバート・スタントン
声の出演 : 神木隆之介 、 GACKT 、 IMALU

e0006365_23553978.jpg「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006)の続編。三部作の二作目ということで、一作目がそれほど日本では話題にならなかったのか、興行成績が良くなかったのか、あまり宣伝されていない。吹き替え版ではガクトとイマルという微妙な有名人が参加していることを考えてみても、もう少し宣伝しても良いのではないだろうか。ガクトはオリジナルではルー・リードが担当している悪役マルタザールの声を担当。イマルは脇役だがイメージソングも担当している。この歌の方はまぁ悪くない。

前作は、単独で完結した物語としても秀逸だったが、本作は、第三作への前振り的な意味合いの方が強いのだろうか。少し中途半端な印象を受けた。おいおいここで終りかよ、という感じのエンディングだ。もちろん、そこへ至る展開は面白いのだが、見終わってもまったく終わった感じがしない。

リュック・ベッソン監督の作品はいつ見てもエンターテイメントとして優れているように思うのだが、本人が児童文学(小説)を書いていたというのは実は前作を見るまで知らなかった。この映画はその作品を自ら映画化したものだ。小説はシリーズ4作品で構成されているが、映画は三部作。どうやら第一作で最初の2冊分をカバーしたらしい。翻訳も出ているようなので、気が向いたら読んでみたい。
[PR]
by invox | 2010-05-13 23:56 | ■Cinema/Movie
ボルベール〈帰郷〉(Volver)」(2006年 スペイン)

監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ヨアナ・コボ

e0006365_232893.jpg


映画館で見そびれていた作品。TVで放送されるのを見つけて録画して見た。現代のスペインが舞台だが、描かれている人々の生活は20世紀のままのようだ。なにか、こう、1970~80年代の作品を見ているような気分になった。いや、悪いと言っているのではない。好きだと言っているのだ。予告編などを数年前に映画館で見たときの印象は、ロードムービー的なものだったが、そこまでではない。ラ・マンチャとマドリッドを行き来する姉妹や家族、お向かいさんなどの物語。殺人事件が二つ出てくるが、所謂サスペンスドラマやミステリ映画的な要素はほとんどない。淡々としている。ペネロペ・クルスもとてもよい演技をしている。「コレリ大尉のマンドリン」でも良かったし、なんか見直してしまった。見てよかったと思える映画だ。
[PR]
by invox | 2010-05-12 23:02 | ■Cinema/Movie
オーケストラ(LE CONCERT)」(2009年 フランス)

監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
出演:アレクセイ・グシュコブ/メラニー・ロラン/フランソワ・ベルレアン

e0006365_22434037.jpg


ソ連のボリショイ交響楽団の元指揮者(現清掃員)アンドレイ・フィリポフが主人公の音楽映画。クラシックの名曲も数多く出てくるし、最後のクライマックスは延々とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が演奏されるのだが、その合間合間に出てくる音楽は種々雑多で、とくにコンサート・マスターの弾くジプシー音楽のような音楽は最高だ。たくましきロシア人音楽家たちが最後に見事に演奏しきっていく痛快さが心地よい。もちろん、秘められたストーリーが顕になっていく過程も面白い。コメディでありながらもソ連時代の人種差別を批判するというところも過剰でなく、丸くなく、演出過多でもない。久々の音楽映画でのあたり作だ。
[PR]
by invox | 2010-05-11 22:44 | ■Cinema/Movie
17歳の肖像(An Education)」(2009年 イギリス)

監督:ロネ・シェルフィグ
脚本:ニック・ホーンビィ
出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリアムズ、ドミニク・クーパー

1961年のイギリスが舞台。パブリック・スクールの女子高生が主人公。当時のイギリスは高校生でもタバコをぷかぷかとふかしていたのか、そういう場面が多かった。スタンダード・ジャズやシャンソンが始終流れていたが、まだロックンロールやR&Bですら耳にすることのなかった時代だ。そして、詐欺師でさえ礼儀や作法を多少なりとも守っている。劇中にC.S.ルイスの名前が登場するが、調べてみたらルイスは1963年11月に亡くなっている。映画の中ではまだ生きていた。そういう時代なのだ。

e0006365_2242995.jpg


パリに行く場面や、ジャズ・クラブでの食事のシーンなど、とても綺麗な映像だった。街中の通りや学校のシーンでもイギリス的な空気を良く表していた。どう言えば良いのか良く分からないが、印象に残る映画だった。調べてみたら以下のように、たくさんの賞を受賞した作品だった。

・サンダンス映画祭:観客賞、撮影賞
・英国インディペンデント映画賞:英国主演女優賞
・2009年ナショナル・ボード・オブ・レビュー:主演女優賞
・ハリウッド映画際:ブレイクスルー女優賞
・英国アカデミー賞:主演女優賞
・ロンドン映画批評家協会賞:英国主演女優賞
ほかに、第82回アカデミー賞(2010年3月)での作品賞と主演女優賞にノミネートされたという。あらまぁ、すごく評価されてたんだ。
[PR]
by invox | 2010-05-10 22:43 | ■Cinema/Movie
アリス・イン・ワンダーランド(Alice in Wonderland)」(2010年/アメリカ)

監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ

e0006365_2372139.jpgティム・バートンである。ジョニー・デップである。いつものテイストたっぷりである。予想可能な範囲であるが、ま、それも楽しみの一つと言えなくもない。ストーリーはオリジナルの小説2作を下敷きにしているとは言え、新たに創作されたもので、なんと19歳のアリスが主人公になることで目新しさを出している。マッド・ハッターのキャラクターも原作を離れて作られたものだろうし、赤と白の女王たちもちゃんと個性を与えられていて面白い。現実世界の登場人物も薄くなく、きちんとした世界として、アンダーランドとのバランスを見事にとっている。

これも3D上映だったのだが、XpanDではなく、IMAX 3Dでの上映を選択した。めがねが軽く、視野も広い。メガネの上からかけてもまったく問題のないのが嬉しい。これを一度体験したら、XpanD方式のものを見る気がしなくなる。画面が大きいので迫力もあるので見ごたえがある。今後選べるならばIMAX 3Dでの鑑賞にするだろうな、きっと。
[PR]
by invox | 2010-05-09 23:07 | ■Cinema/Movie
タイタンの戦い(Clash of the Titans)」(2010年 アメリカ)

監督:ルイ・レテリエ
キャスト:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、ジェイソン・フレミング、アレクサ・ダバロス、リーアム・カニンガム、ハンス・マシソン、ニコラス・ホルト、ピート・ポスルスウェイト

e0006365_15262635.jpgこちらもリメイク作品。オリジナルは1981年のアメリカ映画で、監督はレイ・ハリーハウゼン。オリジナル作に登場した怪物はほぼすべて登場させながらも、ストーリーとキャラクター設定はまったく別ものにしたという。オリジナルは何度もTVで放送されているので見たことがあるが、巷で言われているほど名作だとは思えなかった。たしかに特撮は当時としては面白いものだったのだろうが。このリメイク版は、ストーリーもよりシンプルで、エンターテイメントに徹しているといえるだろう。キャストも豪華らしい。その分、楽しむには十分な仕上がりになっていた。あぁ、面白かったとすら言えるかもしれない。

今回見たのは、XpanD方式の3D上映だったのだが、前評判に違わず、メガネが悪かった。重さは最初気にならなかったが時間の経過と共に鼻に食い込んできた。しかも、悪いことに、通常のメガネの上からかけるには、内側のスペースがなさ過ぎる。メガネをかけて見なければならない人のことを考えずに設計されたとしか思えない作りだ。一番最悪なのは、視野が狭いこと。顔を動かさずに目だけでスクリーンの端を見ようとすると、めがねのフレームが気になってしょうがない。これでは3D映画の評判を落すのではないだろうか。もちろん、アクティヴ・シャッター方式なので、画面輝度が落ちて見えるのは言うまでもないが、それはまだ慣れれば平気だったのだが、視野の狭さとかけづらさはいかんともしがたかった。残念。
[PR]
by invox | 2010-05-08 15:27 | ■Cinema/Movie