ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ヒュペルボレオス極北神怪譚」
クラーク・アシュトン・スミス(著)、大瀧啓裕(訳)


PHの日本公演で中断したこともあって、ずいぶんと長い時間がかかってしまった。スミスの短編集だが、テーマが共通している作品はまるで歴史の一部を見ているかのようなリアリティで異様な世界が淡々と展開している。誇張なし、スリルなし、アクションなしなのだが、現実的、あまりにも現実的なのだ。もちろん、設定や話自体は荒唐無稽極まりないのだが、語り口ゆえに、それがまったくの事実であるかのように思える。文字として書かれている部分だけを創作したのではなく、その物語の世界とそれを取り巻くより大きな時空がそこにあって、そこから一つのお話を抜き出してきた、そういう印象だ。好きだなぁ。

ヒュペルボレオス
 「ヒュペルボレオスのムーサ」
 「七つの呪い」
 「アウースル・ウトックアンの不運」
 「アタムマウスの遺書」
e0006365_17493030.jpg 「白蛆の襲来」
 「土星への扉」
 「皓白の巫女」
 「氷の魔物」
 「サタムプラ・ゼイロスの話」
 「三十九の飾帯盗み」
 「ウッボ=サトゥラ」

アトランティス
 「最後の呪文」
 「マリュグリスの死」
 「二重の影」
 「スファノモエーへの旅」
 「アトランティスの美酒」
 
幻夢郷綺譚
 「始原の都市」
 「月への供物」
 「地図にない島」
 「歌う炎の都市」
 「マルネアンでの一夜」
 「サダストル」
 「柳のある山水画」

やはり、一番強い印象を与えてくれたのは「ヒュペルポレオス」の連作か。作品数が多いというのもあるのだろうが、世界の広がりが感じられる。「アトランティス」も悪くはないのだが、作品数が少ないので、アトランティス世界がいったいどういう世界なのか、結局分からずじまいなのだ。ちょっともったいない気がする。最後の「幻想郷奇譚」は、まとまりはないが、それぞれが秀逸な短編なので、それなりに印象に残っている。短いTV番組にしてもよさそうなものばかりだ。
[PR]
by invox | 2011-10-19 17:49 | ■Books
「闇の王国」("Other Kingdoms")
リチャード・マシスン(著)、 尾之上 浩司(訳)


私の読むマシスンの長編としては2冊目となる。「アースバウンド」にせよ、これにせよ、とにかく引っかかるタイトルをつけてくれるものだ。素通りできる訳ないだろ!と思いながらもやはり読んでしまうなぁ。

現代の、というには、すでに「昔」としか思えない第一次世界大戦期のイギリスが主たる舞台。主人公がアメリカ人であるせいか、イギリス臭さはほとんど感じない。むしろ、アメリカ人の見たイギリスってこんなんなんだ、という印象だ。「妖精」の捉え方もイギリスの作品に多く見られるものとは若干異なっているように思えた。

e0006365_13334452.jpgタイトルによる先入観、特に「闇の」と付けられたことによる弊害は大きかった。なので、最後までタイトルからの印象と実際の本の中身との印象のギャップに、違和感が離れなかったのだ。受けのいい言葉なので「闇の」としたのだろうが、出版社の安易な発想だ。もちろん、じゃあどんなタイトルがいいのか?と問われても、「other」の直訳的な言葉にはもっと違和感がある。敢えて言い換えてみるならば「別の王国」くらいが関の山だ。これでは売れないだろうな。内容的な連想からは、「闇の」というよりは「影の」とか「もう一つの」という方がしっくりくるかもしれない。まぁ難しいことこの上ない。

宣伝文句にあるような怖い話でないことは確かだ。もちろん、「人間性」の恐ろしさに背筋がぞぞっとするような内容ではあるが、全体を通して読み終わってみると、むしろ「切なさ」に身を貫かれるような「痛み」を感じる。

そうこうしている間に、書店には「リアル・スティール」が平積みされている。こちらは映画化決定という派手な帯が付けられていて、その派手さ加減にうんざりさせられるが、気を取り直して購入するとしよう。映画を先に見た方が、原作を先に読むより好きなので、実際に読むのはまだ先になりそうだ。だって、映画を見てがっかりしたくないだろう?
[PR]
by invox | 2011-10-19 13:33 | ■Books
「モーリス・ドニ展」損保ジャパン美術館

ピーター・ハミル来日公演の合間に、同じくPH公演を見に来たお二方と見に行った。これまであまり強い印象はなかった画家だが、単独での展覧会は初めてだった。油絵とは思えない色使いやタッチが強く印象に残った。写実的な描写を敢えてぼかした様な人物の顔が特に印象的だった。

絵のテーマとなっているのはほとんどが子供、もしくは子供とその母親、姉妹といった感じで女性がほとんどだったように思う。途中に家系図も出ていたが、二人の奥さんとの間に、とても大きな家族を生み出している。絵画には孫まで登場するので、身の回りには常に子供たちがいたのではないだろうか。というか、そういう状態になるように努力したのではないだろうか。あきれるほどの子供好きが作品に現れている。

ほとんどの作品で見られる顔のぼかしだが、これはどういう意図があったのだろうか。もちろん、印象派的な手法だと言えるが、顔を精緻に描くことが下手だったわけではないようだ。ぼかされたその下にはとてつもなく写実的な描写が見て取れるからだ。ドニにとっては、もしかすると「個人」は必要なかったのかもしれない。「こども」がいれば、それが「だれか」というのはあまり問題にならなかったのではないだろうか。ましてや大人は、誰であろうが関係なかったのではないだろうか。ふと、そんなことを考えさせられた。
[PR]
by invox | 2011-10-10 15:52 | ■Arts