人気ブログランキング |
ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

H.P.Lovec(d)raft

HP Lovecraft ハワード・フィリップス・ラブクラフトの文庫版全集が今年の1月に第7巻が出ていて完結していたことを知らなかった。先月末に偶然店頭で見かけて「おぉっ第7巻が出ている」とすぐに購入し、ようやく読了したばかり。
e0006365_22135919.jpg
大学時代に、始めてその存在を知ったラブクラフトだが運よくこの文庫版全集もその時期に刊行され始めた。当時6冊目までを発売されるたびに早々に入手し読んだが、文章家としての才能はいわゆる作家としてはそれほど上手くないのだろう。表現方法としての言葉が貧弱な部分も多く、素人臭くさえ感じることが多かった。ビジュアルな恐怖の演出などは稚拙と言ってさえ良いのかもしれない。しかしながら、それでもそこに描かれる恐怖は、中に入り込めさえすれば、超一流の恐怖であり、後の作家たちに大いなる影響を与えたというのも肯んずることができる。

第7巻は、初期作品や断片、あるいは知人に宛てた夢の報告手紙など、まさに小説の元になったような文章が多く含まれている。完成度という点からはまさに「下書き」と言っても良いかもしれないものも多い。しかしながら、こういうものを読んでみると、ラブクラフトがドラフトから完成形へとどのように小説を作り上げていったのかをわずかだが窺い知ることができるような気がするのは思い上がりだろうか。

広がりすぎるのが怖くて、ほかの作家のクトゥルー本などには手を出していないのだけど、この際だから読んでみようか、とふと思った。
by inVox | 2005-10-02 22:12 | ■Books