ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「星の光、いまは遠く]

星の光、いまは遠く 上」(Dying of the Light)
   ジョージ・R・R・マーティン(著)、酒井 昭伸(訳)

e0006365_9442275.jpge0006365_9444168.jpgGRRマーティンの最初の長編作品が紹介された。ほんとにこれが最初なのか?と思うほどこなれている。「ハンターズ・ラン」や「タフの方舟」<氷と炎の歌>シリーズよりは多少筆致が固い気もするが、それが原文の特徴なのか、訳文のせいなのかはよく分からない。終わり方は賛否両論あるだろう。あってしかるべき終わり方だ。個人的には最後の最後でハードさが失われた気がした。しかし、そこも含めて、やはりこの人は面白い。<氷と炎の歌>シリーズの3・4とが早く文庫にならないか、と心待ちにしているのだが、2が文庫になってから既に4年が経つ。ハヤカワは最近シリーズ物を途中で訳出を打ち切るというのが多くなったように感じているが、これもハードカバーの売れ行きがどうだったのか、あるいは、文庫での1,2の売れ行きが良くなかったのか、そろそろ諦めてハードカバーで購入しなければならないのかな...。
[PR]
by invox | 2011-07-19 09:42 | ■Books