ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

17~19世紀フランス絵画展

大阪市立美術館で特別展「南仏モンペリエ ファーブル美術館所蔵 魅惑の17-19世紀フランス絵画展」を見た。大して期待していたわけではなかったので、予想以上の展示作品数とその内容には満足でした。意外だったのは印象派の作品が思いのほか少なかったこと。新古典主義やロマン主義といった画家たちの作品が結構よかったのだ。風景画や人物画などに多く気に入る作品があった。展示の構成は下記のようになっていた。e0006365_10502516.jpg

□ プッサンと17世紀の物語画
 ≪賢明の寓意≫ シモン・ヴーエ 1645年頃
 ≪眠るサテュロスのいる風景≫ ニコラ・プッサン 1626年頃
□ ルイ15世の時代から大革命までの絵画
 ≪両手を組み合わせた少女≫ ジャン=バティスト・グルーズ 1780年以後
□ 新古典主義の諸相
 ≪アルフォンス・ルロワの肖像≫ ジャック=ルイ・ダヴィッド 1783年頃
□ ドラクロワとピトレスク絵画
 ≪室内のアルジェの女性たち≫ ウジェーヌ・ドラクロワ
□ バルビゾン派とアカデミスム派(ブリュイアス・コレクション)
 ≪朝、霧の効果≫ ジャン=バティスト=カミーユ・コロー 1853年
 ≪沼≫ テオドール・ルソー 1840年頃e0006365_10532236.jpg
 ≪アルベデ≫ アレクサンドル・カバネル 1848年
□ クールベと南仏の画家
 ≪出会い、こんにちはクールベさん≫ ギュスターヴ・クールベ 1854年
e0006365_10533956.jpg□ バジールと印象派の時代
 ≪身づくろい≫ フレデリック・バジール 1870年
□ カリエールからマティスまで
 ≪黒いナイフのある静物≫ アンリ・マティス 1896年
[PR]
by inVox | 2005-12-10 10:53 | ■Arts