ブログトップ

Out of My Book

invox.exblog.jp

Official inVox Blog; Watched, Read and Listened in my real life.

「リチャード三世『殺人』事件」エリザベス・ピーターズ

「リチャード三世『殺人』事件」エリザベス・ピーターズ

e0006365_16541159.jpg先に読んだ「時の娘」へのオマージュ、という宣伝文句に釣られて購入した本作だが、趣はまったく異なり、リチャード三世にネタを求めた推理小説である。原題は「The Muders of Richard Ⅲ」。1974年に書かれているので、仕方がないのかもしれないが、仕掛けそのものは今では古典的といってもいいもので、犯人が誰か、という楽しみはほとんど得られなかった。しかし、その分、文体の若々しさや文化的な背景の捉え方など、非常に面白く読めたし、笑えた。それが訳文によるものなのか、本来の文体によるものかはよく分からないが、非常に現代的ですらある。いや、そういうと語弊があるかもしれない。むしろ70年代のアメリカ的おおらかさとジョークが交じり合ったものかもしれないのだから。ここにあるのは悪く言えばハリウッド的なコメディの世界であるが、それがイギリスを舞台にしていることでよりコミカルに見えるのかもしれない。アメリカの文化を通したイギリス文化のデフォルメされた姿だと言ってもいいだろう。
[PR]
by inVox | 2006-01-15 16:54 | ■Books